Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

保険が役立った実話

Yakov Baylis, CLU, ChFC

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

親の保障額を増やすことを勧める。

保険をなりわいとするなら真っ先に自分の両親の保障を確認するべきです。数年前、私は両親の保険を調べ、麻酔医であった父の保障内容が十分でないと知りました。父はそのことを誰にも相談しようとせず、保険の話に興味を示しませんでした。

しかし私は息子として父に猛プッシュし、説得に成功しました。長期介護保険会社のテレマーケターだった母は私の味方でした。父に何度も保障内容の見直しを促してくれました。

けれども父の態度はかたくなでした。しかし私も引くことはできません。父と言い争わなくてはならない息子の気持ちをお察しください。気がめいります。でも気が付いた以上、見過ごすことはできません。保険の増額は絶対に必要でした。

最終的に父の生命保険を大幅に見直すことができました。長期介護保険も追加しました。最後まで「そんなものは要らん。寝たきりになってまで長生きしたくない」と言い張っていましたが、私は譲りませんでした。とうとう「いいだろう」と折れてくれました。父は優良体の割り引きレートを適用されました。言い換えれば長期介護保険を使う可能性が低いことを意味します。

数年後、父は病気になりました。「大脳皮質基底核症候群」(CBS)という難病でした。残念なことに麻酔医の仕事を引退しなければなりませんでした。

そこから健康状態がどんどん悪化し、間もなく長期介護が必要になりました。しかしあれほど「金をかけたくない、必要ない」と遠ざけていた長期介護保険があったおかげで、高齢者養護施設に入所することができました。

父の回復は絶望視されています。しかし加入していた生命保険からほぼ満額のリビング・ニーズ保険金が支払われました。あの保険金のおかげで、家族の暮らしを支えることができたのです。父にとって大きな意味を持ちました。今、父は「生きたい」という願いを持っています。なんとしても孫の顔、つまり私の子どもに会いたいはずです。

父は難病で大変つらい毎日を過ごしています。しかし、あの保険に加入していなかったら、今頃私の家族はどうなっていたでしょうか。想像するだけでも恐ろしいです。

Yakov Baylis(イリノイ州、3年間MDRT会員)のコンタクト先は、yakov.baylis@prudential.comです。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments