Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

移行への道筋

Matt Pais

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

Mitchellは適性のない職務に就く優秀なスタッフについて外部の指導を求めました。

普通、解雇した人に感謝されることはありません。

しかしカナダの6年間MDRT会員Dana Mitchell, CFP,CLUは事務スタッフの女性を解雇した際に感謝されました。その女性とは良好な雇用関係にあったものの、彼女はクライアントの質問を丁寧にフォローアップする繊細な仕事には向いていませんでした。

本人も自分に合わないと感じていた仕事だったのでMitchellが見切りをつけてくれたことに対する感謝の手紙を書きました。「これまでのキャリアについてじっくり話し合い、彼女が本当にしたい仕事を考える手助けをしたことに感謝してくれました」とMitchellは語りました。

スムーズに移行できた理由は、単に従業員を解雇せずに転職支援コンサルタントを雇用したことです。これはアニュアル・ミーティングである会員から学んだアイディアです。

まずMitchellは従業員を解雇するプロセスを詳しく学び、手厚い解雇手当には何が必要かを知るために会社の雇用問題専門弁護士に問い合わせました。弁護士から候補となるコンサルタントのリストをもらい、その中の数人に電話をしてそれぞれが提供しているサービスについて聞きました。慎重に検討し最終的にその中から一人のコンサルタントを選びました。

「私にとってスタッフとの関係性は重要なので、コンサルタントにお金を投資するなら最適な方にお願いしたいと思いました」

そのコンサルタントをスタッフの退職に関する2時間の初回ミーティングのために雇いました。その後、コンサルタントはスタッフの履歴書の書き方を指導し、経営学部の新卒者に向けた雇用機会についての話し合いに5時間を費やしました。

「誰かに進むべき道を見つけてもらえれば感激すると思います。経験豊富なプロに『興味があるのであれば、そこから始めてみましょう』と言われたのは彼女にとって初めてでした」とMitchellは話しました。

彼女は地方出身で大都会で働くことになり、大きな視点で全体像をとらえる能力は優れていましたが、小さなオフィス内の微妙な役割分担になじむことが難しかったのです。そんな彼女も次の一歩を踏み出すきっかけを得たのです。コンサルタントの指導のもと、彼女は都会からも金融サービス業界からも離れ、全く違う分野に転職することにしました。

Mitchellは8人のチームを抱え(顧問料を支払うアクチュアリー、投資スペシャリストも含む)、経営者向けの包括的なファイナンシャル・プランニングを専門としています。彼女がこの経験から得た学びを紹介します。

教えられないスキルもある。スタッフはいつか職務に慣れるものだと考え、今は学習曲線の過程にいるだけだと誤解していました。2年もの期間を費やしても成長しなかったとき、問題は仕事に慣れるまでの時間ではなく、仕事に対する適性であることが明確になりました。

嫌なことを先延ばしするよりも前進あるのみ。Mitchellはコンサルタントがいなければ、彼女をそのまま働かせていただろうと語りました。もしそうなっていれば他のスタッフが彼女の仕事をフォローする必要があるため、チームの効率性と士気は損なわれていました。苦情を言ったり、Mitchellの元を去ったクライアントや同僚だけが彼女の解雇を促していました。コンサルタントのおかげでより良い解決策を見いだせました。「ベストな人材を採用してもうまくいかない場合、良好な関係を築いているからといってスタッフをとどめておくより相手のために諦めをつけることが必要です。そうすればビジネスにもあなたにも良い結果をもたらします。

小さな問題が大きな変革の機会をもたらす。Mitchellが15年間のビジネス経験で解雇したスタッフは彼女だけです。しかし、この時の経験から(同じコンサルタントの力を借りて)同社のスタッフの担当分野を見直すことができました。つまり一人の事務スタッフが複数の部門を受け持つのではなく、保険の担当者や投資の担当者を決めて、クライアントに相談先を知ってもらうようにしました。複数の連絡窓口を持つことで、コミュニケーションの間口を広げ自分の得意分野でない仕事を任されるスタッフをなくすことができます。

従業員の解雇=雇用の失敗ではない。「スタッフをしょっちゅう辞めさせるクライアントを見て、そういった雇用慣行にネガティブな印象を持っていました。しかし彼らはすべての人が教育できるわけではないと知って積極的に行動しているだけなのです。本当に適性があるかどうかを知るには実際に試してみるしかありません。スタッフをとどめておくことで関係性の重要さを示すのではなく、スタッフが前進できるように手助けする姿勢を示してください」とMitchellは語りました。

Contact: Dana Mitchell dana@basiswealth.com

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments