Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

炎に包まれても

Antoinette Tuscano

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

オーストラリアの壊滅的な火災の影響に対処する

オーストラリアの16年間MDRT会員Matthew Charles Collinsは、愛する家族、クライアント、スタッフとともに、オーストラリアにおいてここ数十年で最悪の火災に直面しました。オフィスや所有している不動産も影響を受けました。火災の被害に直接遭わなかった人々も外気温が40度近い夏の熱気に加え、都市部にも無情な灰色の煙が停滞し、その空気を吸うことになりました。

「火災の煙がシドニー上空にずっと留まっているため、健康問題が生じています。とりわけお年寄りや呼吸器疾患のある方にとっては深刻な事態です」とCollinsは指摘しました。

Collinsは今回の火災での経験を振り返って、アドバイザーがどのように災害に備え、対処するべきかを語ってくれました。

すぐに行動。残念ながら災害や危機はいつどこでも起こり得ますし、誰もが被害者になる恐れがあります。ただ希望を抱いたり祈ったりするだけではなく、とにかく行動してください。クライアントを励まして安心させてあげてください。ただし、アドバイザーがクライアントにもたらせる最大の安心は、ただ言葉をかけるだけではなく自分の仕事に自信を持って効率よくこなし、確実な結果をクライアントに提供することです。

この記事が発行される直前、Collinsは火災の影響を受けた地域に暮らすクライアント全員に連絡を取り終え、誰も家を失わずに済んだことを確認しました。こうして連絡を取ったことでクライアントとの絆がさらに強まったことを実感しました。クライアントの他にもCollinsが経営している3つのオフィスで働く計33名のスタッフのことも気にかけています。また、炎の通り道になってしまった、自身が所有する2つの農場についても対処しなければなりませんでした。

自分の保険の内容を確認。11月末のある日、Collinsに2件の電話がかかってきました。それは農場の管理人たちからでした。必死の消火作業にもかかわらず炎を食い止めることは不可能で、どちらの農場も焼失は避けられないとの連絡でした。しかし道路が全て封鎖されていたのでCollinsは手伝いに駆けつけることができず、とてもつらい思いをしました。

翌日、両方の管理人から再び連絡があり、地元の人々が夜通し必死で消火に協力してくれたおかげで農場は無事だったと知らされました。

危機一髪の状況を乗り越えたCollinsは、自分の不動産にかけていた保険を再確認しました。すると農場用の保険は不十分なことが判明しました。再建のために業者を呼ぶ場合、都市部からかなり離れた農場に来てもらうには大幅な追加費用がかかる点を考慮していなかったのです。火災状況が落ち着いた後、Collinsは不動産の保険を手厚くしました。

何が重要かを確認。皆さんと家族の身の安全が何よりも大事だということを忘れないでください。家や家財道具は二の次です。災害に備えて日頃から重要なものの優先順位を確認しておいてください。あなたが無事で適切な計画があり、十分な保険に加入していれば必ず再建できます。

バックアップを取っておく。オフィスのペーパーレス化を推進して書類を安全なクラウドに保存しておけば、どこにいても仕事が再開できます。

災害後についてクライアントに助言する。アドバイザーはクライアントの保険金、給付金の請求や再建費用の試算を行い、災害の被害がクライアントの今の生活や引退後のプランにどう影響するかを分析しなければなりません。例えば、今回のオーストラリアの火災では多くの農場が焼失して、今後の食糧生産と供給に大きな影響が出るため、食費が大幅に上昇すると考えられています。

全てのオーストラリア国民が直接、あるいは間接的な影響を受けているため、状況を注意深く見守らなければならないとCollinsは考えています。この火災の被害はオーストラリアのGDPの0.4%減相当の影響があると見られています。建設業界は景気づくでしょう。全ての保険会社は、火災の被害を直接受けたクライアントに対して保険料の支払いを免除しています。銀行はローンの返済猶予制度を実施しています。このように国全体で難局を乗り越えようと頑張っています。

今回の火災はさまざまな形で大きな被害をもたらしましたが、「それでも人間の精神力はすごい。みな絶対にあきらめない」とCollinsは改めて思いました。 

私たちは日々の暮らしの中で、自分勝手な振る舞いをする人々をよく見かけます。しかし火災の最中にCollinsが目にしたのは、自分の家が焼けてしまったにもかかわらず近所の家の消火作業に必死になっている人々の姿でした。しかも国内だけではなく世界中から、この国への支援の申し出が後を絶ちません。人は本来自分勝手ではありません。何かのきっかけがあれば素晴らしい行動を取れるのです。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments