Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

Q&A: Ashit Rajkotia

Liz DeCarlo

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

Rajkotiaは自分のコミュニティでの見込客探しの手法を紹介

Ashit Rajkotiaがクライアントに会うのは午前中だけ

インドで最も生産的の高い営業時間は12時30分までです。午後に面談のアポイントを入れたがらないクライアントが多いので、私は午後の時間帯はオフィスで仕事をしています。この時間に書類を作成したり、クライアントに電話をかけたりしています。ご家族と面談する場合は夕方にのみアポイントを入れています。

どのように見込客探しをして、紹介をお願いしていますか。

まず、新しい法律が制定されたらFacebookにメッセージを投稿しています。そうするとクライアントや見込客からたくさん電話がかかってきます。それから6つの目的、機会別に手作りのカラフルなカードを作って、クライアントに送っています。クライアントはそのカードをテーブルや机の上に飾るそうです。訪問客がカードを褒めると、自然と会話に私の名前が出てきます。また、紹介をお願いする際はまず紹介者から見込客に電話をかけてもらってから、私が電話をかけることにしています。その方が成約できる可能性が高いからです。

あなたは非常に活発にコミュニティ活動をされています。ボランティアをどうビジネスにつなげていますか。

ロータリー・クラブなどでボランティアをする際は、まず友情を築くことから始めます。ボランティア仲間が私の仕事について尋ねたことがきっかけになってビジネスにつながることもあります。しかし、尋ねられても一般的な話にとどめています。彼らの方で準備が整いプランを構築してほしいと言われたら、そこで初めてクライアントとして対応し、話をします。まず始めに私自身の人間性を認めていただく。そうなればおのずとクライアントになってくれます。ただし時間がかかる場合もあります。私の最大のクライアントになった方は、それまでの16年間ただのボランティア仲間でした。その間、見込客を紹介いただくことはありましたが、彼自身からの依頼はありませんでした。

Ashit P. Rajkotiaはインド、Indore在住の13年間MDRT会員です。連絡先はashit@insurewithrajkotia.comです。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments