Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

2020年度MDRT Foundation 会長

Matt Pais

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

Tarpeyは募金活動の成功には人間関係とチームワークが鍵だと考えています

その男性は80代で、ケンタッキー州で特に貧しいアパラチア地方に住んでいました。炭鉱育ちで、教育や医療を十分に受けていませんでした。その日、Fordham大学の学生教会メンバーたちは男性の家の屋根の修理や外壁の塗装をしました。初めてのボランティアを経験したその日、当時21歳になろうとしていたBrian G. Tarpeyは、男性がどれほど深く感謝して、幸せそうだったか今でも覚えています。

「彼が幸せそうだったのは、私たちが彼の家の修理をしたからではなく、私たちと一緒に時間を過ごし、自分の人生について話せたからでした」とニュージャージー州Fairfield在住で16年間MDRT会員、2020年度MDRT Foundation会長に就任したTarpeyは語りました。

「最初、彼の笑顔と目の表情は何か秘密めいてミステリアスに思えました。今は、彼の目の表情を理解できます。人生は人と人の関わりが全てであり、愛する人や大事な人、クライアントと楽しい時間を過ごすことが大事です。それは人生がもたらす素晴らしい贈り物であり、人生の真の富です」と語りました。

私は支援活動に携わるようになってから、以前深刻に思えた人生の問題は大したことではないと思うようになりました。

Tarpeyはこのアパラチア山脈での教訓を「富とキャリアの成功が人生の答えだと思って追いかけ始めた」頃に一時見失ってしまったが、MDRT Foundationで再発見できたと言います。

実は、2003年に初参加したMDRTアニュアル・ミーティングがきっかけで、彼の中に変化が起こり始めました。ある会員講師が「なぜ」われわれはファイナンシャル・サービスの仕事をしているのかを問いかけました。感銘を受けたTarpeyは大会中にMDRT Foundationのブースに行き、委員会でのボランティア活動や個人的な寄付、地元団体へのグラント申請などを教えてもらい、現在に至る15年間の関わりはこの時から始まりました。

グラントを申請した団体の1つはSpectrum360で、学習障害、自閉症、その他の発達的および身体的問題を持つ350人の子ども達にサービスを提供しています。彼が申請した別のグラントは、ニューヨーク市のホームレスの若者を支援するCovenant Houseに授与されました。

「これらの団体が助けを必要とする家族を支援した成果を見れば、世の中を確実に良い方向に変えていることが分かります。」とTarpeyは述べました。「Foundationを通じて、団体の活動を支援できることは、信じられないほどの特権です。私は支援活動に携わるようになってから、以前深刻に思えた人生の問題は大したことではないと思うようになりました」

Tarpeyは自分が元から寛大だったわけではないと言います。8人兄弟の中で育ち、父親が無保険で2件の住宅ローンを残して亡くなった後、母親は家を売らざるを得ませんでした。ですから法人顧客に医療保険を販売する仕事を始めたのは一家の稼ぎ手としてであり、チャリティーのためではありませんでした。

「私は自分と妻のために経済的なセーフティーネットが欲しい、そして子どもが欲しいと願って働いていました」

しかし、MDRTとMDRT Foundationで教育やコミュニティ、サービス・プロジェクトに関わるうちにTarpeyの見方は広がりました。2010年バンクーバー・アニュアル・ミーティングでのMillion Meal Challengeで23キロの米袋の荷降ろしを4時間行ったり、2014年にはSoles 4 Soulsと協力してハリケーン・サンディで甚大な被害を受けたアメリカ北東地域の被災者に靴を提供しました。

Tarpeyにとって、こういった貢献は当たり前のことになりました。全ては良い判断を選択することだと考えています。その思いは家族を守るファイナンシャル・プランニングの設計であり、コーネル大学卒業後に彼の経営する会社に入社したお嬢さんに仕事を教える際においても大事にしていることです。

「私がグラントの申請書を読んで泣いていると、当時10歳だった娘は、なぜ泣いているのかと聞きました。私はグラントを申請している団体の活動について娘に説明しました。その娘は現在、弊社の人事コンサルティング業務に関わり、アメリカ企業文化の社会的変革を深化させるために公共政策を立案しています」と述べました。

良き夫であるTarpeyは、妻のPennyの支えのおかげで今日の自分があり、同様にMDRT Foundation、スタッフそしてボランティアのおかげで組織が成長したと述べます。彼は会長として、Foundationのグラント、サービスと社会的に影響を与える機会を統合し続けます。「MDRT Foundationはこれらを統合するために変革の真っただ中です。世界中のコミュニティで社会的な責任意識のある若いメンバーが深い影響を与え、大きく貢献しています」

「これがビジョンの進化です。私の役割は対話を開始し、ビジョンに向けた最初のステップに光を当てることです」と語りました。

Contact: Brian Tarpey btarpey@tarpeygroup.com

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments