Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

切磋琢磨する

Jedediah Harrison Levene, CLU, CFP

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

スタディ・グループを成功させるためのアジェンダ

多くの人はスタディ・グループを主催することに気後れしますが、そのように感じる必要はありません。研修会や大会の合間に同僚と気軽に会話をして考えを共有してください。立派な考えでなくても大丈夫です。仕事がうまく行くコツをシェアするだけでよく、そのようにして自分でも気が付かないうちにスタディ・グループができていきます。

私が参加しているスタディ・グループには4人のメンバーがおり、同じ議題を繰り返し使いながら年に二回集まります。このスタディ・グループは大成功を収めています。スタディ・グループのために考え出した議題はシンプルで数も多くありません。例を挙げます。

1.ポジティブなことに目を向ける。全員が私的なまたは仕事上本当にうまく行っている事柄を一つシェアする。

2.目標を追跡する。メンバーはグループに対して説明責任を持つ私的な目標ひとつと仕事上の目標をひとつシェアする。目標は大きくても小さくてもどんなものでも良い。

3.セールスに関するアイディアとマネジメントに関するアイディアを一つずつ出す。一つは2分から4分で手短に説明し、もう一つは5分から10分でもう少し詳しく説明する。

4.宿題に挑戦。業界雑誌へ記事を掲載する、匿名で知らない人に思いやりの行為をする、などにチャレンジし結果を報告する。

5.自由に会話をする。ミーティングの最後の1時間は自由に会話を楽しみます。何でも好きなことを話しており、その中から最高のアイディアが生まれることがよくあります。

スタディ・グループを立ち上げる

スタディ・グループを立ち上げたい、スタディ・グループのメンバーになりたいという方は以下のことを考慮してください。

1.共通項を特定してメンバーを探す。どのような特徴や性格の人たちが集まると自分が苦手だと感じる雰囲気になるのかは、時間がたってみないと分かりません。信頼関係を築くには個人的にまた仕事を通してお互いのことを良く知ることが重要です。そうすればメンバーはグループの相互啓発の雰囲気に信頼感を持ち、困難な課題や心配事や挑戦を素直にシェアし、他のメンバーへのアドバイスや感情移入を気兼ねなく行えるようになります。

2.物理的な距離感がグループにどう影響するかを考える。メンバーが離れたところにいる場合はテクノロジーの助けを借りますか?私のスタディ・グループのメンバーは四つの異なる州に住んでいますが、私たちはいつでもすぐに会える環境よりいろいろな人が混ざっている方が良いと考えました。私たちは毎月90分間電話で話し、年に2回対面でお会いしています。

3.グループ目標を作り期限を決める。成功するスタディ・グループには仕組みとプランが必要です。もちろん目標はその時々の各メンバーのニーズに沿って調整する必要があります。私たちは当初ビジネス・プランを書くところから始めましたが、去年は自己改善という新しいテーマを取り入れることにしました。経験を広げ新しい健康習慣を生み出すため、毎月新しい取り組みに挑戦をしています。

4.メンバーに合わせて共通の出発点を選ぶ。私たちの背景はそれぞれ異なり状況も違っていたので、同じ出発点に立ち理解し合うことが大切だと思いました。最初はジム・ホラン著「1ページ・ビジネス・プラン」に従ってビジネス・プランを作るプロセスを経験してみることにしました。メンバーの中にはビジネス・プランを作ったことがない人もいました。私たちはこのガイドブックを用いてプランの内容を練り、経験をシェアして互いへの理解を深めることができました。

— Kathleen R. Benjamin, CPA, CFP, メリーランド州、15年間MDRT会員

Jedediah Leveneはカナダの10年間MDRT会員。
連絡先は
jed.levene@rockwaterwealth.ca.

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments