Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

お金以上のウェルス・プランニング

Monroe M. Diefendorf Jr., CLU, CIMA

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

クライアントの為に包括的で多世代向けのアプローチをご検討ください

ある日、夜中に5歳の娘が何だか煙たいと起こしに来たとします。あなたは家族全員をたたき起こし、家の外に逃げます。振り返ると火はまだそれほど大きくありません。そこであなたは家の中に戻り、大事なものを持ちだそうとするのですが、刻一刻と煙が広がるので床に伏せてほふく前進をします。諦めて戻るべきか、進むべきか迷っています。

寝室には耐火性の高い金庫があり3万ドルのキャッシュがあります。大事なプロジェクトが入ったラップトップは食卓に置きっぱなしで、バックアップをとってありません。玄関わきのクローゼットには、先日他界した母の家から持ち帰った先祖伝来の家宝が入っています。どれか一つしか持ちだす時間はありません。必死にその一つを抱きかかえて家を出た直後に家は焼け落ちました。

さて、あなたが持ちだしたのは現金ですか、それともお金以外のものでしたか。

私の経験によると、ほとんどの方が先祖伝来の家宝を持ちだします。お金で買えないかけがいのないもの、つまり家族に関わるものだからでしょう。家族が健康に過ごすことはきっと皆さんの重要課題です。では大事な価値観を維持した家族を育てるにはどうすればよいでしょうか。

富の側面

まず、家族を繋ぐものは何かを考えてみましょう。

  • 両親(しかしいずれは亡くなります)
  • 所有物(しかしいずれは色あせ価値は減ります)
  • 目的・価値観(世代を超えて維持し、繋ぐもの)

こうした背景を把握した上で私は家族の在り方と3つの富の側面にフォーカスするビジネスに移行しました。単に資産的なウェルス(財産)だけではなく、人となりや社会的な役割(世の中のために何ができるか)に焦点を当てました。

お金があれば解決できる単純な問題は多くはありません。むしろ、多くのお金があることが家族・親族内の争いの元になることは多いです。お金持ちほど良い家族を維持することが難しいと言えます。作家でコラムニストのMalcolm Gladwellが著書のDavid and Goliath(邦題: 逆転!強敵や逆境に勝てる秘密)の中で「真実は逆U字に宿る」と、ある程度以上に豊かになると子育てが難しくなると書いています。

資産総額が大きくなると相続人へのベネフィットは減少し、家族としての価値観や目的を明確にしておかないと、多額の富は最終的には有害にすらなると述べています。

残念ながら多くの富裕層の方々はお金は解決策ではないと気が付くのが遅過ぎます。しかし、アドバイザーがいれば、有形・無形のウェルス(富)の扱い方を早い時期にご家族に指導し、違う結果に導くことも可能かもしれません。そのためにもアドバイザーは複数の世代にサービスを提供し、資産や価値観を守るお手伝いをする必要があります。

当社の調査によると、資産の譲渡は4つの価値観を伴って行う必要があるということが明確になりました。4項目とは価値観、レガシー、感謝の気持ち、そしてガバナンス(管理)です。これらを多世代で話し合っておくことこそ、かゆいところに手の届くクライアント・サービスではないでしょうか。それはクライアントに包括的な資産・富を有意義でレガシーの残る戦略として管理する手法を提供してこそ実現できます。

多世代向けプランを見込客に提示

見込客とランチをとった際に、ペーパーナプキンにメモ書きをすることでできるプレゼンテーションをご紹介します。

  1. 〇〇さんは、ご自分の財産はお金だけではないと感じていらっしゃいますよね。
  2. ご自分の財産で、ご家族にレガシーとして残したいのはどういう側面でしょうか。資金(ご資産)ですか、人としての在り方や価値観ですか、それとも社会的に貢献した実績ですか。
  3. もし、その3種類の一つはどうしても残せないとしたら、どれを諦めますか。この問いで、一番多い答えが資金です。残りの二つがあれば子ども達は自力で富を築くことができるはずだから、とのことです。
  4. 〇〇さんはアドバイザー(士業)の方々とお話をするときに、何の話題に一番多くの時間をかけていますか。
  5. つまり、三つの中で諦めてもよいと思っていることに全ての時間を費やして相談しているということでしょうか。そろそろ、お金以上のウェルス・プランニングに取り組むべきではないでしょうか。

Monroe Diefendorfはニューヨーク州の41年間MDRT会員

Contact: Monroe Diefendorf roey@3dwealthadvisory.com

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments