Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

プラスチック問題を理解する

Matt Pais

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

MDRT FoundationとTOTチームはAlgalitaと協力して環境の改善に取り組む

切開した胃からあふれるほどのプラスチックの異物を見せビーチに横たわるアホウドリの死骸の写真は、衝撃的であると同時に現実を目の当たりにさせるものでした。

MDRT Foundation

MDRT Foundationの2018年度TOTチャリティ・パートナーであるAlgalita海洋研究教育財団が紹介した写真は、プラスチックが環境に与える影響を示しています。またMDRT Foundation事務局長のBrian P. Walsh, CLU, ChFCの心にも響きました。

「海洋中に流出した大量のプラスチックが海洋生物や鳥類に影響を与えていることを知り驚きました。この講演で初めてこの問題を認識した会員も多いだろうと思います」と2002年以来MDRT Foundationでボランティアを続けるペンシルベニア州在住で24年間MDRT会員のWalshは述べました。

多く集まった寄付金が参加者の衝撃を物語ります。ハワイのカウアイ島で開催された昨年のTOT会議ではMDRT Foundationに5万3000ドル以上が集まり、そのうち3万ドル近くがAlgalitaに寄付されました。MDRT FoundationのブースにAlgalitaの担当者が配置され、当財団エクゼクティブ・ディレクターのKatie Allenが参加者全員に向けて講演を行いました。50人の会員と配偶者はフォーラムにも参加し、Allenからプラスチック汚染の現実とわれわれができる支援についてより詳細な情報を聞きました。彼女のセッションは人々の強い関心を引き、熱心な会話を引き出したというのは控えめ過ぎる表現でしょう。

「われわれは話が止まらず、文字通り会場から追い出されました。講演後多くの人が私のところに来られ、自分の子ども達もAlgalitaの活動に参加させたいと言われました」

カリフォルニア、ロングビーチにある創設25年の当財団で毎年行う各種サミットや研究プログラムに、19ヶ国数千人の教師や生徒たちが参加し、その活動に若者たちが関わり支持しています。AllenはTOT会議の参加者に、社会で非常に役立ってきたプラスチックを、完全に無くすことが目標なのではなく、この素材を使う責任を考えることが目標だと話しました。「生活に必要なプラスチックもあります。われわれは環境負荷がより少ない方法を見つけ出すため、ビジネス界の人々や政治家を巻き込んでゆきたいと考えています」

知識と関与が一人の人間そして組織に与える影響については、Allen自身が良い実例です。彼女は以前ツアー・ミュージシャンでワーナーブラザーズ・レコーズの社員でしたが「レイトショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン」でAlgalitaの創設者Charles Mooreに出会って程なくして前職を辞しました。Algalitaでボランティアから始めた彼女は、その後教育ディレクターとして雇用され、6年後にエクゼクティブ・ディレクターに就任しました。つまり、海洋は守る価値があると人々に伝えることが彼女の目標です。

「愛していないものを守ろうと人々に呼びかけることはできないでしょう」と言います。

Algalitaは世界初のプラスチック汚染教育キットを開発し、過去6年間に1800個が無料で子ども達に送られ、海洋研究船にも乗船させています。

2011年以来Algalitaは3000人近い教師と30万人近い子どもに対して活動を行い、子ども達が学校でアートに取り組み、地元の政治家と協力するのを支援しています。例えばカリフォルニア州Burbankのガールスカウト団体は、学校内でプラスチックボトルを廃止し、また上院議員のDianne Feinsteinのオフィスとこの問題について協力し合っています。

2018年にAlgalitaは第一回ユース・イノベーション・フォーラムを開催し、若い専門家とプラスチック産業業界の人々が一堂に会し、どのようにテクノロジーを活用し、戦略的な対応をすればプラスチック汚染を減らせるか議論しました。

業界のリーダーとの対話を通じて、Allenはこの大切だが困難な課題にこれからも前向きに取り組んでゆく覚悟を決めました。「悪者との戦いではなく、これ以上の便利さを求めることとの戦いです。業界の方々もわれわれと対話し、われわれの見方から学びたいと願っておられます。課題は多くありますが、その方々の願いもあるからこそ、私は取り組みを続けられます」と彼女は語りました。

TOT会議の講演は、Allenとアドバイザーの双方にとって学習の機会になりました。アドバイザーの仕事がクライアントに有益な結果をもたらすことをクライアントに理解してもらう話から、Allenは多くの人にAlgalitaの活動に投資を求める際の新たな視点を得たと言います。

一方、彼女は当記事のインタビュー後、初めてファイナンシャル・プランニングに取り組むことになりました。

Contact Christopher Lim Geok Meng at christopher.lim@income.com.sg.

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments