Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

休暇中のネットワーク作り

Bryce Sanders

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

滞在先の気軽な付き合いから顧客を開拓する方法

あなたは成功しMDRTの会員資格を得ました。自分のマーケットを育み、クライアントと友情を築き上げました。友人もあなたのアドバイスを求めにやって来ます。けれどもまだ重要なパイプラインを見落としているかもしれません。そのパイプの先には常に入れ替わる富裕な見込客がいます。それはあなたが休暇中に知り合う旅行者です。

典型的なセールスマンへの嫌悪感

旅先で出会った人を「見込客」と見なすことに抵抗を感じるかもしれません。テレビに出てくる「典型的セールスマン」のイメージがあるからです。書類とペンを持って客の後を追いかけ回し嫌われます。そういう人に見られたくありません。

しかし、あなたはそうではありません。あなたは金融サービスのプロフェッショナルです。クライアントを救い、その過程で相応な報酬を得ます。人に関心を持ち、あなたが出会うほとんど全ての人たちの中に長所を見いだすことができます。

休暇中に友人ができました。休暇が終わっても、連絡を取り合いたいと思います。たとえビジネス上の付き合いはなくても、良い友人として付き合えそうです。もしかしたら、その人の友人があなたの助けを必要とするかもしれません。

では、ビジネスはどのように発生するのでしょう。ビジネスを押し売りする典型的セールスマンは嫌がられます。しかし、ニーズがあればシナリオは変わります。皆、自分がよく知っていて好感を持ち、信頼できる人が勧める金融商品を選びたいと思っています。

もし自分の友人が困っていたら「いい人を知っている」とあなたを紹介するはずです。アジアでは多くの人がGuanxi(人脈)と呼ばれるネットワークを利用します。助けが必要になったとき、知り合いの専門家を訪ねないことは無礼な行為と見なされます。

機会の模索

あなたは献身的に働きます。たまにはスイッチ・オフして、充電することも必要です。とはいえ、あなたはロボットではありません。完全にプラグを抜くことはできません。社交的な人柄で、友達作りの才能があります。

すてきなリゾート地やクルーズ船で似たような経済的階層の人たちに囲まれるでしょう。休暇中は皆リラックスします。トロピカル・カクテルを飲みながらデッキチェアに横たわれば、日々のストレスは消えていきます。普段の生活は忘れましょう。新たな友人と知り合う絶好の機会です。

友情を育む機会はたくさん見つかります。

  • 共通の関心 トレーニングが趣味なら、スポーツジムに行けば仲間がいます。料理が趣味なら、料理教室に仲間がいます。私のお気に入りの場所のひとつはクルーズ船で催されるパブクイズです。その場でチームに分かれてクイズを解きます。皆の知恵と知識を結集しますが、全部分かる人はいません。助け合いが必要です。その後、バーやカフェに立ち寄る流れになりやすいです。
  • スポーツ テニスやゴルフなどのスポーツは、親しくなる絶好のチャンスです。プレーを通じて誰かと知り合い、その後今まで見た名勝負や、回ったことがあるコースの話に移行します。関心を持って相手の体験に耳を傾けてください。
  • 飲み物 サファリでは、水たまりにありとあらゆる動物が集まると言います。リゾート地やクルーズ船でも同じことが言えます。専門家によるスコッチ試飲会などのイベントでは、似たもの同士が集います。一杯飲みに立ち寄り、美しい景観を眺めているだけで、会話の糸口が生まれます。

連絡を取り続ける

初対面の人と打ち解けるのに役立つふたつの質問があります。「お仕事は」「お住まいは」です。何気ない会話を数日間続けたらタイミングを見て本格的な自己紹介をします。あなたの経歴や仕事、そしてできれば、あなたが優秀なアドバイザーであることを付け加えます。あなたは既に相手の身元、職場、仕事内容を知っています。

相手との関係をさらに深める手順を実施します。

  • 共通の関心 ふたりともワイン好きです。住まいはそれほど離れていません。ワインの知識をシェアしたり、買い物に出掛けたりすることができます。
  • 仕事 相手が勤務する会社が最近ニュースになりました。あなたの会社、もしくはリサーチ会社からその記事に関するレポートを受け取りました。「今度そのレポートをお届けしましょう」と約束します。
  • SNS ふたりともLinkedInを利用しています。ふたりは繋がったので、お互いについてより詳しく知ることができます。
  • 問題 相手には深刻な病を抱える家族がいます。心の中に大きな不安が広がっています。あなたは話をじっと聞き深く関わった実感を持っています。この先の展開を待ちます。
  • 質問 相手から保険についての質問がありました。テクニカルな内容でしたが、保険証券を見せてもらい調べる必要があるかもしれません。
  • 専門性 相手も専門分野を持っています。あなたもアドバイスを聞きたいと思っています。繋がる理由を作りましょう。
  • クリスマス・カード グリーティング・カードを贈りましょう。連絡を取り合う手段となります。先方の住所を聞くチャンスです。

ビジネスの押し売りをすることなく連絡を続けます。だんだんと相手のことが分かってきます。お互いの家を行き来するかもしれません。あなたは金融サービスの専門知識を持つ友人です。

相手に一大事が起き、お金が舞い込むかもしれません。その投資先に関するヘルプとサポートが必要になります。先方の家族の誰かがアドバイスを必要としているかもしれません。当初ビジネスの押し売りをしなかったあなたは「成功している人」という印象を与えるでしょう。

友情関係が深まるにつれて、彼らの抱える問題が分かってきます。あなたのスキルで十分解決できます。ひょっとすると本人が問題の存在に気が付いていないかもしれません。あなたは「力になりたい」という気持ちからその件を持ち出します。あなたの最大のクライアントが誕生するかもしれません。きっかけは休暇中の何気ない会話でした。

Bryce Sandersは、Perceptive Business Solutions Inc.の代表取締役として、金融サービス業のプロフェッショナルに
富裕層顧客獲得のためのトレーニングを行っています。

Contact Bryce Sanders at perceptivebusiness.com.

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments