Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

ギリシャ: 崩壊からコンプライアンスへ

Elizabeth Diffin

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

ギリシャのファイナンシャル・アドバイザーは環境が整い、新たなチャンスを見出している

過去10年間ギリシャが問題を抱えていたことは周知の事実です。金融危機で同国が抱える債務は約3,300億ドルになりました。しかし惨めな10年から自国が抜け出しつつある現在、ギリシャのファイナンシャル・アドバイザーにとってかつてないほど多くのチャンスがあります。

金融危機で経済が底を打った頃に悪質なエージェントが顧客を見捨てたことも原因となり、一般市民は保険業界に対する信頼を無くしました。Thessalonikiを拠点にする11年間MDRT会員のKyriakos Chatzistefanouは「クライアントは彼らを食い物にするアドバイザーの助言を何度も頼りにして、金融危機の間、どこからどうすれば利益を得られるのかを理解しようと努めました」と述べました。

Karolos Vasiliou Markouizos, RPS, REBCは金融危機から生じる恐れや不安が、実は個人が財政上受ける影響よりさらに深刻だと考えています。

「2010年に金融危機が始まって減少した収入よりも、人々のネガティブな心理が問題でした」とアテネ在住で15年間MDRT会員のMarkouizosは述べます。

経済的な困窮から特定の保障ニーズが高まったこともあり、信頼の再構築が2019年の課題です。「年金と医療という社会保障の基柱の崩壊で多くのギリシャ人は市場で解決策を模索するようになりました。少子高齢化は社会全体に大きな影響を与えるでしょう」

Chalkida在住で12年間のMDRT会員であるDimosthenis Sykovaris, ACSは社会保障の崩壊が特に年金プランニングと長期医療保険の分野に新たな機会をもたらすと予測しています。現在ギリシャではChatzistefanouが「非常に頑丈な保険商品」と表現する保険商品が充実してきたのでアドバイザーらはクライアントに最適な商品を厳選するためより慎重な判断を求められています。

「私は民間保険会社の価値を強く信じています。クライアントの願いや必要とするものをアドバイザーが理解している限り、お手伝いができるとお客さまに会う度に確信しています」とSykovarisは述べました。

金融危機で保険市場が不安定化しました。
— Kyriakos Chatzistefanou

「提案できる保険商品の選択肢は幅広いのでクライアントに最も正確な提案を行い、私自身の利益以上にクライアントの利益を優先するために、常に提案内容に精通する必要があります」

見込客は業界の専門知識がなくても最善の方法を知っていると思いこむことが多いため、クライアントのニーズの理解に努めることがさらに重要になるとChatzistefanouは述べました。

「クライアントは社会保障および年金制度に裏切られ、トンネルの先からのぞく光が出口ではなく、向かってくる電車だと気が付きました。ギリシャ人はあらゆることについて自分の意見を持っており、全く無知の分野であってもそれは変わりません。クライアントは自分に本当に必要なものが分かっていないのです」

待ち望まれた規制の下でアドバイザーはクライアントのニーズにあった商品を提供するよう要請されるようになりました。アテネ在住で10年間MDRT会員のSofia Zervoudaki, BSはこの変化を「2000年からの最初の10年間、ギリシャの保険業界は無責任で節操がなくご都合主義でさえありました。しかし私たちは以前に比べはるかに厳しくなった規制の枠組みに対応し、提供するアドバイスおよびサービスについても慎重に慎重を重ねるようになりました」と説明しました。

最近では2018年10月1日に欧州保険流通・販売指令(IDD)により保険会社間の競争を促進し、透明性を高めるための規制改定がなされました。また、個人情報保護法(GDPR)でアドバイザーによるクライアントの個人情報の取り扱いが変わり、Zervoudakiのようなアドバイザーにとっても対応は難しいそうです。

「以前からクライアントの個人情報の取り扱いに注意する方針でしたが、現在はプライバシー設定を最大限高めることが義務化されました」

Zervoudakiが覚えている限りGDPRコンプライアンスで最も難しかったのは、同意なく見込客に電話をしてはいけないというという部分でした。アドバイザーは見込客に直接電話をかけないで、事前に紹介元の仲介で同意を取らなければならず手続きが一つ増えました。

規制に合わせてプロセスを改めることが、ギリシャのアドバイザーにとっての鍵となるとSykovarisは主張します。

「これらの規制は消費者保護を目的としているため、われわれはそれらを受け入れ、関与する人全員にとっての利益になるよう利用しなければなりません。私は常にクライアントと協力し、彼らの願いとニーズの分析に努めています」

ギリシャは暗黒の金融危機から抜け出すにつれ、さらなる変化が確実に近づいています。しかし不確実な世の中でも、ファイナンシャル・アドバイザーが模範的なクライアント・サービスを提供していれば影響を受けないとChatzistefanouは考えています。

「クライアントの利益とニーズを第一に良心的な仕事をする専門家は規制変更の影響を受けないと思います」と自信を持って語りました。

CONTACT

Kyriakos Chatzistefanou at kyriakos@chatzistefanou.gr

Karolos Vasiliou Markouizos at carolosmarkou@gmail.com

Dimosthenis Sykovaris at dsykovarismdrt@gmail.com

Sofia Zervoudaki at sofiazervoudaki@gmail.com

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments