Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

オフィス効率の改善

Michael DePilla

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

スタッフ管理職を雇い、自分は関わらない

19 年間MDRT会員のScott D. Edelman(ペンシルベニア州)はオフィス・マネージャーを雇うことの利点を経験しました。10年以上前にチーフ・オペレーティング・オフィサー(COO)を採用することにした結果、配下のアドバイザー達の管理業務から解放された上、スタッフの日常業務も改善されました。

「それぞれの強みを生かすことができ、皆の生産性が上がりました」とEdelmanは言います。

経営陣の一人としてCOOは日常業務の監督やスタッフの人事や労務、問題解決など、13人いるスタッフの管理をほとんど担っています。

「経営者は顧客数を増やし管理する必要があるため、細かいことまで全てをこなすのは不可能です。賢い時間の使い方とは言えません」

スタッフの業務が改善するのは望ましいですが、ビジネスを推し進めているEdelmanが最も重視している「アドバイザーの本来の仕事、つまり顧客との関係を築き戦略を練ることです」

求められる人材像

オフィス・マネージャーの採用を検討している人にEdelmanが提案する人材像は

  • 優れた組織能力(組織をまとめるスキル)を持つ。
  • ビジネスの目標とその実現プロセスを理解する能力がある。
  • 収益の創出と費用の割り振りを理解している。
  • 快適な職場環境を構築する能力、職場での顧客体験に対する理解がある。
  • 主体的に働く力がある。雇用主はその人の才能を見極め、軌道に乗るようサポートし、最終的には一任する。
 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments