Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

若いアドバイザーを採用する

Matt Pais

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

高校を卒業したばかりの若者をインターンとして雇い、ポテンシャルを見つける

会社にとって事業継続計画は必要不可欠です。今必要なくても将来必要になります。また自分の顧客を引き継ぐ信頼できる人を見つけることは容易ではないので、承継計画を策定することも大変な仕事です。

そのような問題をお持ちの方は、非常に若い候補者がいることを考慮してはいかがでしょうか。

Jason Peplinski, MBA, FSS, はリタイアメント・プランニングの顧客の大部分を、事業を買収して獲得してきたため、多くの事業承継を経験しています。自身の事業継続の解決策は意外なところにありました。高校を卒業したばかりの若者たちです。

「若者たちはキャリアを積んで成功するという強い熱意を持って高校を卒業します。教えやすく飲み込みが早くて聞く耳を持っています。彼らは未開発の資源です」とネブラスカ州Lincolnで活躍する5年間MDRT会員は言います。

Peplinskiが見つけた最初の該当者はインターン先を求めてLinkedInにアクセスしたNoah Walzでした。

Peplinskiは以前インターネットの求人サイトでインターンを見つけましたがうまくいきませんでした。しかしWalzは小学6年のときにジム・クレイマーの“Mad Money”を読んだことなど、Peplinskiと似ているところがたくさんありました。

「小学6年であの手の本を読み、投資とファイナンシャル・アドバイザーになることに興味を持っているなら、この仕事にぴったりだと思いました」

確かにその通りでした。当初Peplinskiは高校を卒業したばかりのインターンにデータベースのアップデートや日常的な事務の仕事をさせてきました。しかしWalzは、夏休み中はインターンとして、大学が始まってからはパートタイムで一年間働き、その後フルタイムになりましたが、大学は主にオンライン講座を受講しました。こうしてWalzは運営する立場に昇進し、現在20代前半にも関わらずPeplinskiの長期承継計画の担い手です。

「より意欲や専門知識を持つ方がもう一方をサポートし、互いに助け合っています。彼がやってくれることを見越してクライアントにサービスを約束することができます。彼は若いころの自分に似ています。このビジネスでより多くの顧客を引き受けたいなら自分を複写するしかありません」と語りました。

そしてWalzはまさにそんなPeplinskiにぴったりでした。Peplinskiの友人でもあるクライアントは「彼にはリタイアメント計画の全てを任せているよ」と言って知人に紹介してくれていました。紹介は大歓迎です。

しかしその友人は子どもの大学進学のため学資保険に加入するときPeplinskiに依頼しませんでした。理由を聞かれた友人は「君が学資保険を扱っていることを知らなかったよ」と言いました。

ここでWalzが登場し、顧客がサービス内容を全て把握できるようレストランのメニューのようなデザインでリストアップすることを提案しました。

「Noahがもともと持っていたアイディアと、彼の能力・集中力とが相まって改善に結びついた事例です。こうしたことは会社の長期的な承継計画にはとても重要です」とPeplinskiは言います。

インターンとして活躍する他の若者たちを紹介したのはWalzで、Peplinskiはこの採用方法は目標や職場へのより効果的なアプローチを可能にし、自分はクライアントとの面談に集中できると評価しています。一方若い従業員たちはビジネスに貢献し競争を勝ち抜くことにやりがいを感じています。

「同年齢の頃の私もそうでした。私も将来のことを考えていたので、早くからキャリアを積む決意をしている若者たちをひいきにするのです」

事業買収の5つのコツ

Jason Peplinskiは事業買収を2件完了させました。事業買収を考えている人への提案は以下の通りです。

  1. 買収しようとしている会社の経営内容の数値を、時間をかけて学ぶ。企業価値を評価しキャッシュフローを予測。新しい顧客基盤がどのように影響するのか理解する。
  2. 買収する会社のアドバイザーと時間をかけて話し合い、彼らの目標を理解し頼りにしていることを伝える。
  3. クライアントの年齢とその顧客層のニーズや期待していることを把握する。
  4. ビジネスの規模を拡大するためのチームを構築する。顧客数を短期間で倍増させるには、買収する会社の従業員をチームに入れるか前もって自社のスタッフを強化しなければなりません。「顧客は慣れ親しんだサービスや気遣いを得られないと、困惑してすぐに離れてしまいます」とPeplinskiは言います。
  5. 買収される会社の所有者を良く知り臨機応変に対処する。会社の上層部の交代は予定より長引くことがある。

Contact Jason Peplinski at jason@fp-wealth.com

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments