Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

変化を活用する

Elizabeth Diffin

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

タイでは恒例かと成長でチャンスが生まれています

21 世紀に入ってからタイの人口は急速に高齢化しています。タイの国家経済社会開発庁は1995年に人口のわずか5%だった高齢者の割合が、2040年までに全人口の約3分の1を占めるだろうと予測しています。

13年間MDRT会員でタイのバンコクを拠点にするWatchara Intharachatは、タイの保険業界にとって人口構成の変化が有利に働くと述べました。彼は2017年にタイの生命保険料が6%近く増加したことを指摘し、この傾向は加速し続けるだろうと予想しています。この成長は人口の高齢化の結果であり、今後数年間続くと考えています。

「最近多くの新商品が登場し、全てのターゲット・グループ、特に退職者のニーズに合う商品が出てきました。タイでは高齢者が急速に増加し、年金や定額の収入をもたらす生命保険の人気が出始めました。企業も多様化するニーズに合わせ、医療保険商品を改良し始めました」

6900万人の人口があるタイの要点は多様化と変化です。バンコクを拠点にする15年間MDRT会員のSrichan Pattananitsakulは、政府による新しい規制が商品の増加に繋がり、保険商品に対する一般の理解を深めたと述べました。

最近多くの新商品が登場し、全てのターゲット・グループ、特に退職者のニーズに合う商品が出てきました
— Watchara Intharachat

「顧客はシンプルで便利なものを求めているので、保険会社はだれでも容易に理解できる商品を開発すべきです。営業職員やファイナンシャル・アドバイザーは新しい規制に対応して自らのビジネス手法を改め、規制を学習し、遵守し、顧客のニーズを満たし、自らの義務を果たすサービスを提供しなければなりません」と言います。

変化の1つに従来の保険契約からユニットリンク保険(ULIP)への切り替えがあります。ULIPは投資信託と類似の構造で一括払い、年払い、半年払いもしくは月額の保険料を支払う契約で、解約返戻金が市場と連動しています。

ULIPは、生命保険、退職後資金、学資保険などのさまざまな保険金のニーズに対応できます。Pattananitsakulは今後、5~10年でULIPがさらに普及し、それに合った販売戦略が必要になると予想しています。

「ユニットリンク商品は消費者の高い関心を集めています。しかし投資にはリスクがつきものです。消費者とファイナンシャル・アドバイザーはリスクをしっかり理解すべきです」

ULIPは 未 来 型の保 険であり、多くのタイ人がこの タイプ の 投 資を 理 解し始 め た ば かりだとIntharachatは述べました。「この商品はわれわれのビジネスで大きな役割を担い、あらゆる面で顧客の役に立つことでしょう。私はチームと共に全種類の保険商品、特に販売許可の必要なユニットリンク保険を販売する計画を立てねばなりません」

彼のチームはULIPのような複雑な商品の説明方法を学び、顧客のニーズと希望を考慮した上で成約に導く必要があると強調しました。

「保険プランを提案する際は顧客が誤解しないよう気を付けています。さらに顧客がこちらの提案する各プランに加入する金銭的余裕があるか確認することが重要です」

医療保険の領域でも規制が変更されました。現在政府は医療保険加入者に1万5千バーツ(約5万円)、医療保険と生命保険両方の加入者に10万バーツ(約35万円)の税金控除を付与しています。その結果、IntharachatやPattananitsakulのようなエージェントにとって有利な結果を生んでいます。

「この政策が生命保険と医療保険の加入を促進し、私どもは顧客のニーズに合う医療保険商品を提供し、ビジネスは良好です」とIntharachatは述べました。

2013年にはOIC(Office of Insurance Commission訳注:タイ保険監督機関)が保険管理システムの設置を発表しました。これは、政府の監督機能の向上と最終的に顧客が自分の保険を管理できるようにする中央データベースです。

このようにタイの保険業界ではテクノロジーがますます重要な役割を果たしています。スマートフォンの普及によりインシュアテックが登場し、オンデマンド・サービスと顧客情報システムを活用したアドバイスおよびデータ分析が増加すると予測されています。

「生命保険会社はデジタルや業界に疎い消費者をおろそかにせず、ニーズに合う商品を提供し、変化に対応しなければなりません。テクノロジーはわれわれの仕事の進め方そのものを変えます」とIntharachatは述べました。

市場の成長に伴いテクノロジーが流通チャネルに大きな影響を与えると彼女は確信しています。

「将来的には、オンラインもしくはデジタルで販売から加入まで完了するようになり、より便利になります。流通チャネルは成長し変化し続けるため、業界のエージェントは準備を整え対応すべきです」

CONTACT

Watchara Intharachat at intharachat.1199@gmail.com

Srichan Pattananitsakul at prt-1@hotmail.com

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments