Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

終わりを意識して始める

Liz DeCarlo

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

事業を継承するための3年計画の概要

CHRIS MARSH PHOTOGRAPHY

Colin R. Parkin, Dip FA, CeMapは自身のファイナンシャル・サービス事業を立ち上げると同時に出口戦略も計画しました。

25年以上保険と金融サービス業に携わって多くの成果を積み上げたParkinは2000年に独立することを決意しました。その際、初めから終わり方を考えるようにしました。

イギリスLincolnで活躍する40年間MDRT会員のParkinは、新しいビジネスのオフィスをリースではなく購入することにしました。Parkinと妻でビジネス・パートナーのJulieと検討の結果、建物も承継計画の一部にするつもりでした。

「オフィスの敷地面積は必要な面積の10倍にしました。賃貸収入を得られますし、ビジネスが成長すればそのスペースを利用することができます」と語りました。また勇退するときの資金源にもなります。

ビジネスを始めて18年後、彼は建物を売却して事業継承の3年計画に着手しました。

後継者を見つける

Parkinは19歳のときにイギリスに拠点を置く保険会社で訪問販売の仕事を始めました。そして60以上のオフィス、750人のエージェントを管轄するゼネラル・マネージャーにまで昇り詰めました。19年間勤めた後に退職し、イギリスに拠点を置くドイツの会社、次いでアメリカの会社で働きました。しかし家族とともに東南アジアへ転勤するよう命じられたときは踏み切れませんでした。転勤を辞退したところ、3日後に解雇されました。

「給料が高いと次に何をしたらいいのか分からなくなります。そこで自分と妻とサポート・スタッフ数人の小さなオフィスから始めました」Parkinは代理店業務を6年間行った後に独立しました。

「 独 立したとき初 めて真 剣 に 承 継 計 画を考えました 」と言います。オフィスの 敷 地を購 入した後、Parkinは後継者を探し始めました。

「アドバイザーを雇うときは、ビジネスを引き継ぐのにふさわしいスキルを持つ人を探すことにしました。後継者候補として最初の面接段階でこのことについて話し合いました」

しかし勇退のときが近づくにつれて承継計画は少々難航しました。シニアスタッフに数年後の退職時には事業を継承してほしいと話したところ、彼は「ボス、それは素晴らしいですが私にはその資金がありません」と言いました。

「解決策を考えよう」とParkinは言いました。

最初のステップとしてオフィスの土地を建物の賃貸借契約付で売却しました。一年ほど前に売却し、かなりの資金を手に入れました。またオフィスを5年間借りる契約になっています。

「スタッフは5年間この場所を借りることが保障されいます。その後別の場所を買いたければそうすることもできます」

譲渡計画

「次に後継者が会社を譲り受けられる方法を考えなければなりませんでした。そこでオフィスの運営費と給与の支払いを私が行うという契約を結ぶことを提案しました。後継者は私の顧客を引き継ぎ、収入の一部を私に支払うというものです。3年以内に後継者への引き継ぎは終わるでしょう」

その準備としてParkinはクライアントに自身のパラプランナーやアドバイザーを紹介し始めました。このプロセスはParkinと後継者が正式な承継同意書を締結する前から始まりました。

「実際に継承するまで2年かける予定です。様子を見ながら行っていきます。法律的な契約を結ぶのは難しいことです。妥協できる部分もあれば合意できない部分もありました。それらは交渉を重ねます。解決策を見つけることが重要です。幸い後継者とは最初から意見が一致していました」

勇退後の生活

勇退する時期を正確に考慮する際、Parkinと妻が自問したのは「いくら必要か?」ということでした。

「お金は十分に稼いだのですがいつも働いていて使う暇がありませんでした。必要なものは手に入れました。それ以上の資金があるので私はチャリティー基金を立ち上げました」

これはParkinの承継計画の次の段階です。「何もすることがなくなったら、衰えるだけですがそうはなりたくありません。元気になり目標を与えてくれるようなものが必要です」

Parkinと妻は、成功したくても親のサポートを得られない16歳から25歳の若者を助けるための基金を18ヶ月かけて設立しました。「チャレンジして役に立ちたいのです。幸先の良いスタートを切るお手伝いができれば、私も達成感が得られます」

あと2年で承継計画が完了する現在、Parkinは週に数回しか出勤しません。計画が進行するにつれ回数は減るでしょう。勇退はとにかく楽しむチャンスだとParkinも妻も気付いたからです。

「私たちは休暇が大好きです。そして孫たちと過ごすことも大好きです。これからは好きなときに好きなことをすることができます」と語りました。

Contact Colin Parkin at colin@ampleholdings.co.uk

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments