Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

3つの方法で見解を変える

Matt Pais

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

もっとハッピーでワーク・ライフ・バランスを維持するには

大事な人に何を期待されているかを把握する簡単な方法

自分の最善のバージョンはどんな人間か、と配偶者やスタッフに問いかけたらどんな答えが返ってくるでしょうか。

テキサス州Addisonで活躍する10年間会員のDaniel O’Connell, MBAはそう問いかけることは価値があると考えています。自分は何を目指すべきかが見えてくるからです。目指す方向がわかれば何をすれば良いかが分かります。「自分としてのベスト・バー

ジョンを目指すならば、私はチャリティに寄付をして、妻をサポートし、思いやりのあるボスになる必要があります」と言います。そして、実際に相手に具体的な理想像を話してもらうようにしています。

ただし、このプロセスは一回で終わるものではなく、奥さんと二人で繰り返すことで、細かい気配りができるようになりたいと述べています。例えば、朝コーヒーがすぐに飲めるように寝る前に用意をしてあげると、彼女にとても喜ばれています。

「人生ってそんなことが大事なのだと思います。小さなことに思いやりが宿ります」とO’Connellは言います。

自由時間は無駄な時間ではなく、モチベーションのため

定時にオフィスを出て、すぐに着替えて自宅で古い映画を見るのが好きな人がいます。その人にとっての寛ぎ方であり、逃げ場なのでしょう。

しかし、カナダのNova Scotiaで活躍する11年間MDRT会員のJonathan D.W.Lewisは違います。

「時間を無駄にするのが嫌いです。学ぶことがないとか、自分がより良い人間、父、ビジネスパーソンになれないのであれば無駄に思えるからです。新しいことを学んだり、何かに挑戦したりしていることが大好きです」と述べます。

従って、車を運転している時も教会の牧師の話を聞くか、ビジネス・コーチのオーディオを聞くようにしています。マラソンに備えてトレッドミルで走っている時も、自己啓発のビデオを見たり、時にはアクション映画を見てモチベーションを高めます。それも単に映画を見るのではなく、例えば、ウィル・スミスが主演を演じた映画“Ali”でモチベーションをあげています。

コンスタントにやる気を高める努力を続けています。その中には子ども達に野球を教えることや、早く行ってキャッチボールをしたり、残って練習をすることもあります。

「41歳になりますが、野球が大好きなのでプレーしている時間が和みです。時には妻や子どもと一緒に映画を見ます。スター・ウォーズの最新作をとても楽しみにしています。スター・ウォーズを見に行く時は、家族全員がおもいっきりコスプレして、なりきって見に行きます」

「本当は、妻とのデータが楽しみです」奥さんと食事をして、帰宅してぼんやりテレビを見るのが一番好きなのだそうです。

ハッピーでいるための3つの質問

ハッピーでいるためのコツは時には当たり前すぎることがあります。感謝すること。もちろん感謝することは大切です。教えてもらうまでもありません。

しかし、わかりきっているのに繰り返されるのには意味があります。忙しすぎると忘れてしまいがちだからです。2015年のトップ・オブ・ザ・テーブル会議で、Nataly Koganは “Living a happier life” と題した講演で、シンプルな質問をして、もっとハッピーな人生にするようにと呼びかけました。

  1. 今日感謝するべきことは? 科学的な研究の成果からも、感謝の気持ちが心の健康に役立つことが立証されています。感謝するためには、脳の『自動操縦モード』を解除して、立ち止まり、身の回りの美しいものや感謝するべきことを積極的に探す努力が求められます。本当は身の回りに感謝するべきことがたくさんあるので、それに気付けば良いだけのことです。
  2. 気持ちがこもっていたか? 最近の研究で47%の高確率で『今』に集中していないで暮らしているそうです。自分のしていることに集中していないと、ハッピーでいられる可能性は低下します。最近はMindfulness(自分の感情・思考・感覚を冷静に認識する)が注目されて、瞑想や座禅を連想する方も多いかもしれませんが、もっと簡単に、今に集中することで実行できます。
  3. 自分の体を思いやったか? 食事の質が悪かったり、太陽を見ない、動かない生活をしたりしていてハッピーでいることは難しいと言えます。研究によると、毎日20分程度は外にいることで、気持ちが前向きになるそうです。だから外に出ましょう。
 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments