Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

全ての問題はチャンスの種

Antoinette Tuscano, MDRT Content Specialist

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

ベテランMDRT会員は、今こそ新しいチャンスを見つける時だといいます。

ファイナンシャル・アドバイザーとしての経験が豊富なMDRT Foundation 元会長 Brent Kimball, ChFC, CFP, (32年間会員)はこれまでに何回もマーケットの上下を経験してきました。

「私も不安ではありますが、過去に何回もこういうことを経験してきました」TOT会員でニューハンプシャー州で活躍するKimballは2008年にマーケットが40%も暴落した時のことを覚えています。「最近は自分の投資がどうなっているのか心配したクライアントからの電話はありません。以前より保守的なプランニングをしていますし、収入を確定できる商品を取り入れていることをクライアントが理解しているからです」Kimballのクライアントの大部分は勇退しているか、家族経営の経営者です。

定額年金は通常あまり魅力的な商品ではありませんが、マーケットが下がった時には何よりも心強い商品になるとKimballは言います。クライアントの資産のおよそ半分は定額年金に入れて、何があっても元本を失わないようにしてあります。インフレ・ヘッジにもなります。

1ヶ月でもどるのか、一年かかるのかわかりませんが、金融市場は必ず立ち直るとKimballは言います。クライアントから電話があっても、その点をきちんと説明します。皆さんもクライアントとファイナンシャル・プランニングをする際に、勇気をもって固定金利の商品の良さを主張してください。

今こそ確定利率の商品や、確定年金をお勧めしている理由をリマインドしましょう。また、クライアントは収入保障や生命保険の話を聞きたがっているはずだとKimballは言います。「Every problem creates an opportunity 全ての問題はチャンスの種。今まさに、その種がどこにあるかを見つける時です」と述べました。

この記事のオリジナルはこちら MDRT Blogに掲載されました

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments