Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

締め切りのパワー

Aurora L. Tancock, CFP, FLMI

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

シンプルなアイディアで人生の転機を迎えた経験はありませんか。Tancockは一つのセールス・アイディアに出会い、仕事面でもプライベートでも大きな影響を受けました。目標に締め切りを設定する事で、活動計画は単なる計画ではなくなります。

私たちはビジネスに大きな影響をもたらすかもしれないセールス・アイディアを一つでも聞けることを期待して、年に一度のMDRTアニュアル・ミーティングに参加します。時には求めているアイディアを仲間のMDRT会員から得たり、メイン・プラットフォームの講演者が語る意外で簡潔なフレーズがヒントになることがあります。

2004年アナハイムで開催されたアニュアル・ミーティングで様々なセールス・アイディアのメモを取っていたとき、ある講演者が「夢と妄想の違いは締め切りがあるか否かです」と言いました。私は手早く書き留めました。その言葉が紙から飛び出てくるような錯覚を覚えました。そのほど心に残る言葉でした。しかし、この言葉が私の私生活とビジネスにどんな影響を与えるのか、さっぱり分かりませんでした。

カナダへ帰る5時間のフライトの中で、大会中のメモを見返していると再びあの言葉が視界に飛び込んできました。「夢と妄想の違いは締め切りの有無です」思い浮かんだのは長い間考えてきたけれども実現には程遠い個人的な目標でした。それは家族とイタリア旅行へ行くことでした。その目標が重要だったのは、私がイタリア南部の小さな村で生まれ、カナダ人と結婚して当時10代だった二人の息子を育てていたからです。彼らに私が生まれた場所を見せ、幼い頃歩いた道を一緒に歩き、3週間かけてイタリア全土を回りたいと思っていました。主人にはこの夢をシェアし話し合ってきましたが、実現する目処は立っていませんでした。私は飛行機の座席に座りながらあのフレーズについて再び思い巡らし、何も書かれていない紙を取り出して「家族でイタリア旅行」と書きました。その横に初めて締め切りを書き添えました。

2005年8月まであと一年というぎりぎりの期限でしたが、紙に書いたその日付を見て目標を達成するための三つのステップの第一歩を踏んだことを実感しました。私は締め切りを設定したのです。

次のステップは達成するのを妨げている課題をはっきりさせることで、主要な障害は二つありました。一つ目は、自宅の大規模な改装のために貯金をつぎ込んでいたため旅費を工面することができませんでした。二つ目は、仕事を休むことでした。イタリアに3週間もいるためクライアントへのサービスの質や業績に悪影響が及ぶのではないかと危惧しました。

飛行機が着陸する頃には三つ目のステップである障害を取り除くことに着手しました。

自宅改装の一部は1年間保留にし、私がいない間にクライアントが良いサービスを確実に受けられるようスタッフを一人増やすことを決意しました。

空港に迎えに来ていた夫にイタリアへの家族旅行を計画したことを話しました。夫は驚きましたが、この旅行が私にとってどんなに重要なのかを理解していたのでリノベーションを後回しにすることに賛成してくれました。また私が自分の目標を定めたら、夫にできることは邪魔にならないようにすることだけだ、と後日述べました。

目標を紙に書き締め切りを設定した後は全ての計画と行動がそのゴールに向かって進み、ついに2005年の8月3日に私たちはイタリアに着きました。

私が生まれた家の軒先に並んで座ったことを含め、イタリアでの3週間は一生心に残る家族の思い出となりました。

アニュアル・ミーティングで聞いたシンプルなフレーズが多くの前向きな変化をもたらしたので、夢に締め切りを設けることが私に有効ならきっとクライアントにも有効に違いないと考えました。

目標に基づくファイナンシャル・プランニングを採用し顧客ごとに締め切りを設けることで、自分のクライアントが目標を達成する満足感と歓びを味わうことができました。そしてクライアントは感謝の印として安定的に紹介をしてくださいました。

スタッフを追加した結果、私が留守でもクライアントに良いサービスを提供できただけでなく年間業績も向上しました。私が最も得意とする顧客と向き合うことに時間を使えるようになったからです。

あのフレーズは私生活にも仕事にも大きな影響力がありました。

皆さんはビジネスと生活を変えるどんなアイディアやコンセプトを持って帰りますか?どんなことだったら受け入れられますか?アイディアは受け入れる準備ができているとすんなり入ってきます。このロサンゼルス大会での学びは過去や未来のミーティングとは異なるはずですから、毎年参加することが大切です。皆さんが実現したい目標は何でしょうか?その目標が大きくても小さくても、締め切りを設ければ達成できることを体験してください。

Tancock

Aurora L. Tancock, FLMI, CFP, は7回のコート・オブ・ザ・テーブルを含め、17年間MDRT会員。自身が設立したAurora Tancock Financial Servicesを経営しています。2015年のアニュアル・ミーティングではPGA担当DVPを務め、多くの委員会で貢献を続けて来ました。また、今年度は財務委員会メンバー。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments