Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

命令が変化をもたらす

Dimitry Neyshtadt, ChFC

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

クライアントは多くのファイナンシャル・ニーズにどうやって優先順位を付ければ良いでしょうか。順番を間違ってしまうことは珍しくありません。Neyshtadtは算数の計算式を利用して、ファイナンシャルの課題を解決する時に大事な優先順位を説明し、クライアントが計算を間違えないように導きます。

その日は6年生になって初めての登校日でした。12歳の私は自信家でワクワクした気持ちでいました。車で学校へ向かう途中、父はバックミラー越しに私を見ると「簡単な」数学の質問をしてきました。

「2 + 2×2 の答えは?」

皆さんもこの問題を解いてみてください。8と答えを出した人はどれだけいますか?では6になった人は?

当時の私は左から右に順番に計算をしました。2足す2で4、そしてそれを2倍しました。「答えは8だ!」私は誇らしげに答えました。父は私を横目で見ると言いました。「うーん、本当にそれでいいのかな?」その後、学校でこの計算方法を学び、自分の答えが間違っていたことを知りました。

PEMDAS(四則演算の順序)は頭文字で、括弧(Parenthesis)、累乗の指数(Exponent)、掛け算(Multiplication)、割り算(Division)、足し算(Addition)、引き算(Subtraction)を表します。

数式を正しく解くためには、計算する順序、すなわちPEMDASを知らなければなりません。この数式の場合、足し算をする前にまず掛け算をします。正しい順序で解かなければ正しい答えは出ません。

2 + 2 × 2 = 6

2 + 4 = 6

もし私がズボンの上に下着を履いて笑顔でこのステージに立っていたら正気でないと思うでしょう。では、クライアントは資産管理でおかしな事をしていたらどうしますか。

クライアントには、財政的優先事項が沢山あります。貯金、学生ローンの返済、所得補償保険の加入、退職後のための投資、遺書の作成、住宅ローンの返済、生命保険の加入、子どもの教育資金の積み立て、不動産の購入などです。最初の面談で、クライアントはそれぞれの優先事項を抱え、何から始めたらよいか頭を悩ませたり、間違った所から手を付けようとしています。

これからある質問をします。5秒間で答えを出してください。「私が最初にクライアントと話合う事項は何でしょう。またその理由は?」

ではその答えをお教えします。ところで都合のいいことに、数学で使うPEMDASの頭文字をファイナンシャル・アドバイスに応用することができます。ファイナンシャル業務の流れを説明するのに加えて、私がクライアントによく使う質問も紹介します。以下がファイナンシャル・アドバイスのためのPEMDASです。

Protection 保険・保障

万が一、不幸な出来事が起きた時、資産、収入、および大切な人を保護するための保険と法文書のことです。 クライアントへの質問「あなたが関心のある財政トピックよりも、保険・保障を優先するべきなのはなぜでしょうか」

Emergency Fund 緊急時準備金

失業、自動車や家屋の破損、またはペットの急な病気や事故など予期せぬ出来事が起きた時のために、銀行や短期流動性のある貯蓄が必要です。クライアントへの質問「積極的に負債の返済をしたり、退職後資金の積み立てを始める前に、このステップをクリアすべきなのはなぜでしょうか」

Monthly Cash Flow Management 毎月のキャッシュ・フロー管理

銀行口座やキャッシュカード、自動引き落とし設定の有無など、クライアントの毎月のお金の流れを把握するべきです。クライアントへの質問「お金を無駄にすること無く、預金や支出、支払いが非常に簡単にできるシステムを知りたいと思いませんか」

Debt Paydown 負債の返済

多くの方が負債を持たないことが財政上の成功だと考えます。もちろん金利の高いローンや毎月の高出費は悪です。しかしクレジットカード負債の20%利息と住宅ローンの 4%の固定金利を同じだと考えるべきではありません。クライアントへの質問 「本当の財政的自由は、負債ゼロ以外にもあると思いませんか」

Asset Optimization 資産最適化

このステップは皆さんの一番のお気に入りですね。保険や基本事項についてクライアントを説得するよりも、投資や退職所得を増やすお手伝いをする方が魅力的です。クライアントへの質問「適切な金額を適切な場所に貯めて、最大の利益を受ける方法に興味はありすか」

Succession Planning 継承計画

アドバイザーと遺産相続専門の弁護士がタッグを組み良い仕事をした時、政府が資産へ介入するのを制限し、クライアントは次世代に最適な形で遺産を継承することができます。クライアントへの質問「もうこの世に存在しなくなった時、希望した通りにレガシーを残し、次世代に引き継げるとしたら素晴らしいと思いませんか」

より多くの家族が財政の自由を手に入れられるようお手伝いしましょう。

クライアントは、財政的成功のために私たちの助けを必要としています。皆さん、誇りを持って長く愛されるファイナンシャル・プランを提供しましょう。正しい順序で紹介し、より多くの家族が財政的自由を実現できるようにしましょう。

Neyshtadt

Dimitry Neyshtadt, ChFC, は4年間MDRT会員。9年間にわたり若き専門家や一般家庭のために活躍するファイナンシャル・アドバイザー。2014年にNAIFAマサチューセッツ州より、40歳以下の4人賞を受賞し、マネージャーを務めるエイジェンシーは2015年度にAssociate of the Year賞を受賞しました。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments