Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

リタイアメントにおける生命保険

Brad Brain, CFP, CLU

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

資産税対策をする際に出会う困難をどうやって乗り越えますか。Brainはクライアントのリタイアメント・プランや、資産税対策の際によく言われる断りにどのように対処しているかをシェアします。

私の専門は、退職後の収入計画です。退職を目前に控えたクライアントが最も不安に感じるのは、「お金が無くなるのではないか」ということです。

資産税対策に対するあなたの賢明なアドバイスのおかげで、かなり課税を免れたとしても、「一生暮らしていけるだけの所得が得られるのだろうか」という不安があるとアドバイス通りに行動するのが難しくなるかもしれません。

アドバイザーはまずクライアントの退職後の収入目標に対処し、その次に資産税対策に関するニーズを考慮すべきです。

私はファイナンシャル・プランニング用のソフトウェアを使って、年間および生涯に渡るクライアントの収入(生活費等)、純資産、税金を予測します。

これにはふたつの重要な要素があります。まず、絶対に欠かせないのが、クライアントが退職後に受け取ることができる資産から得る収入を明示することです。収入の心配をしているクライアントを前に、追加の保険料を支払うように説得するのは至難の技です。

次に重要なステップは、「何も手を打たなかった場合、どのような事態が予測されるか」を示すことです。

「成功の対価」は、しばしば税額に現れます。死亡時に生じる高額な税金を支払う方法は4つしかありません。

第1の方法は、今から貯蓄を始めることです。ただし、税金を支払えるだけの貯蓄ができるまで長生きすることが前提です。

あるいは、死亡時に資産を売却する方法もあります。ただし、その資産に流動性があり、かつご家族が手放しても良いと考えている資産であることが条件です。

遺言執行人が借り入れをして、税金を支払う方法も考えられます。ただし、融資をしてもらえることが条件であり、借入金と利息を返済することが求められます。

最善な方法は戦略的に保険を利用することです。最大の節税効果があり、大切なご家族への非課税譲渡も認められます。望む結果を得たいなら、4つのうちこの戦略が最も見通しが立てやすく、かつ効率的です。

クライアントには、この4つの方法の現在価値を示します。数字を見れば、どれを選択すべきか明白です。保険を利用する方法が断然安上がりです。

クライアントには「何も手を打たないことも戦略のひとつです」と説明します。但しそれは、投資可能な資産の約50%を税金で失うかもしれない、というとても恐ろしいプランです。

これまで苦労して築きあげた資産を、愛する家族や慈善団体のために使いたいと思うのは当然です。巨額の税金を支払いたくはありません。手段を講じるべきです。

Brad Brain, CFP, CLU, は5回のコート・オブ・ザ・テーブルを含めて9年間MDRT会員。リタイアメント・インカム・プランニングでは有名な著書があり、全米で有名。カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のInsurance Council メンバーであり、同州の保険活動監視官を務めています。カナダの議会で貧困率を現象させる戦略を見届けてきたエキスパートとして講演をした経験がある。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments