Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

アロハ・コネクション

Adelia C. Chung, CLU, ChFC

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

細かいところに注意を払うこと。Yes/Noで答えられない問いかけをすること。クライアントとスタッフを温かく迎えるオフィスを作り上げること。Chungは温かくフレンドリーで有意義な信頼関係を築くことがビジネスにも重要だと語りました。

ハワイに住む私達にとって、アロハは単なる挨拶の言葉ではありません。島のコミュニティを繋ぐ不可欠な要素です。アロハは生き方であり、愛する人への尊敬であり、接し方です。感じる事のできる、見えるスピリットです。

人と接する度に私達は信頼を築き、有意義な関係を強めることができます。意識的に細かいことにも心を配る事で実現できます。特に普通は大事だと思われていない事への心配りが大事です。

私たちのオフィス・ビルは温かく歓迎する気持ちが伝わるようなデザインにこだわりました。いたるところに花を生けてあります。壁の色、カーペット、絵画もそれぞれ落ち着いた、ほっとできる空間になるように考慮されています。クライアントにお使いいただくスペースはきちんと片付いています。

ポジティブな経験をしていただくために全員で気を配っています。

クライアントはそれぞれお名前でよびます。

それぞれのお好みのドリンクなどを記録してあるので、何をお飲みになりますか、ではなくて、今日はお砂糖入りのエスプレッソにしますか、それともダイエット・コークの気分ですか?とおたずねします。

エール大学の心理学のPaul Bloom教授は人の物理的な環境の感じ方を研究しました。ハッピーな人生に必要なのは、安定的な信頼に守られた人間関係と、やりがいのある難しい仕事、そして地域社会との繋がりだそうです。

ハッピーな人生は誰もが望むものであり、特に親として子ども達にはそういう人生を歩んで欲しいと願います。安定した信頼関係、やりがいのある仕事、地元の繋がりがハッピーな人生に不可欠です。私は自分が担当させて頂いているクライアントにも安定した信頼関係を約束し、確信していただきたいと思っています。

人にはそれぞれ興味深い歴史と注目すべき未来があります。私達はそれぞれの方の生きる意味や、どう言う生き方をしたいかを理解しようと努力しています。人と繋がり、お互いに透明性の高い信頼関係を確保することで有意義な人間関係が育ちます。

お客様に質問するときは、Yes/Noではなく、文章で答えていただく質問を問いかけます。例えば、先日お会いした方は電気製品の会社を経営していらっしゃる方でした。私は、「どういう経緯で会社を立ち上げたのですか」と問いかけました。彼は2時間話し続けてくれました。彼は3代目も社長であり、彼にとってこの会社を守ることがとても大事だということが理解できました。私は質問をして、ストーリーを聞かせてもらいます。それを通して人となりや、その方の人生という歴史を学ぶ素晴らしい経験をさせていただいています。

心を込めて耳を傾け、心を開いて聞くことにより、見込客は本当にたくさんのことを教えてくださいます。私たちはお客様の思いや価値観に寄り添うことで他社との差別化を実現しています。何を望んでいるかを把握し、そのニーズに応えられるテイラーメイドの解決策を提示しています。

人も企業もそれぞれ違う優先順位を持ち、違う課題を抱えています。例えば、いずれは介護付の施設に入ることを希望する方もいれば、どんなことをしてもそういう施設には入りたくないと思う方もいらっしゃいます。

それぞれにとって何が大事で、何がドライバーになっているかを見つけることが大事です。

同様に、ひたすら収益を増やすことに注力する企業もありますし、クォリティ・オブ・ライフの向上をミッションに掲げてそれに向けて尽力している企業もあります。

クライアントは単なる募集の対象ではなく、私が一番良い仕事を提供できる相手と考えています。

健康が優れない方のために人参ジュースを届けた事もありますし、何年も自宅にこもっていた方を食事に連れ出した事もあります。余命幾ばくもない方の枕元に呼ばれ、その方の愛する方々が経済的に困らないようにお手伝いしますと確約したこともあります。

こうした方々は、私のこともよく理解してくださいます。私の仕事は必ずしも収益で時間配分をしているのではなく、心からの情熱をもってお役に立ちたいと願って動いていることを知っていてくださる方々です。

車の中でお待ちになっている高齢の親御さんにご挨拶に行く事もあります。うちの庭でできたバナナをお客様におわけすることもあります。ホームレスのかたのために洗濯をしてあげる事もあります。誰かが実力を発揮できるように励まし、応援することもあります。

クライアントとの対面でのコミュニケーションは豊かで力強い交流です。思いやりに溢れ、本物の誠意を感じることができます。

ソーシャル・メディアは人と人の交流方法を変えてしまいました。テキストやメールといった方法に流されるのは簡単です。しかし、手軽なやりとりは、薄い関係しか作りません。本物の信頼関係には対面の交流が必要です。

フォー・シーズンス・ホテルに到着すると、スタッフが車まで迎えに出てくれます。贅沢なブランドであるからこそご挨拶という大事な第一歩を大事にしているのだと思います。ブティックでの買い物での心のこもったアドバイスも、手書きのお礼状もすべてが一流です。

私は対面でのコミュニケーションを絶対的に大事にしたいという強い思いがあります。人と人の繋がりは時間を投資する価値があると確信しています。

皆さんもお会いになる方と繋がることで、豊かになると思います。

Chung

Adelia C. Chung, CLU, ChFC, は8回のコート・オブ・ザ・テーブルと14回のトップ・オブ・ザ・テーブルを含め、36年間MDRT会員。2005年には女性として初めてのMDRT会長に就任し、これまでに20回以上委員会のメンバーや委員長として貢献してきました。MDRT Foundationのエクスカリバーの騎士であり、1999年にはFoundation会長を務めました。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments