Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

去る者は日々に疎し

Neeraj Chauhan, CFP, BCom

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

Chauhanは時間をかけて築いたコミュニケーション戦略により、クライアントの利益を最優先し、インタラクションを最大化することが大事だとシェア。2017年度のアニュアル・ミーティング。

去る者は日々に疎し

良質のコミュニケーションがセールスを生む

顧客第一主義

この3つの言葉を念頭に置き、私はチェック・リストとプロセスを組み合わせたコミュニケーション戦略を立てました。

クライアントと見込客を、「プラチナ・メンバー」「ゴールド・メンバー」「シルバー・メンバー」「ニュートラル・メンバー」の4つのカテゴリーに分けました。

クライアントと見込客は、カテゴリーごとに関与のレベルを決めています。携帯アプリのWhatsApp’s Broadcast Listのような機能を活用して、フォローアップのためのスケジュールを作成します。例えば、喜ばれそうなギフトの贈呈(本、果物、チョコレート、映画チケット)、Knowledge Bytesの投稿(投資家の行動分析、ヒント全般、投資家の見方など)、ウェビナーの開催(節税対策、相続税対策など)、ポッドキャスト、四半期毎のポートフォリオ送付、セミナーの開催、誕生日や記念日のお祝いカード、個別面談、ディナーへの招待、Facebookの投稿、ポートフォリオのレビューなどです。

お祝いカードなどは、カテゴリーを問わず一律に行いますが、特定のカテゴリーを対象としたサービスや、クライアントの好みを考慮して行うサービスもあります。

また、テクノロジー・ポータルを採用し、メール送付はMailChimp、アンケートはSurveyMonkey、SNSへの投稿はCanva、挨拶文の作成はRed Stampを使っています。オートメーションを活用しつつ人間味を加え、その効果を最大限に生かすよう努めています。

顧客との接点は、年間に最低でも6回、最大で18回設けています。その中の1~3回は直接会って面談します。残りは、電話、メール、テキスト・メッセージ、Knowledge Bytesを介して行います。今年は、当社創設25周年に当たりますので、クライアントにコンタクトする機会がもうひとつ増えることになります。

レビューは四半期毎に行います。クライアントや見込客との接触もしくは交流が、スケジュール通りに行われた場合は、文字通りチェック・リストをチェックします。また、私たちが提供する情報やアドバイスが、クライアントの用途に合致する場合は、興味を引くように配慮しています。

クライアントと質の高いコミュニケーションを維持し、身近な存在になることで、常に最新情報を提供します。通常のフィードバックは、電話かSurvey Monkeyを介して受け取ります。

このプロセスを採用してから年々ビジネスは成長し、顧客のロイヤルティーと紹介件数も増加しています。

Neeraj Chauhan, CFP, BCom, は13年間会員。スキルと知識と経験を生かしたファイナンシャル・プランニングをご家族に提供し、資産形成に貢献している。The Financial Mallの取締役として活躍。インドのビジネス関連の雑誌等で取り上げられる事が多い。現在はMCC Zone 4のエリア・チェア。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments