Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

叩き続ける

Billy Riggs

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

イリュージョンとコメディーを融合させたRiggsのパフォーマンスは、アメリカのエンターテイナーのトップ5に数えられています。ポジティブな心持ちが直接的にパフォーマンスや成功に影響を与えることを、デモンストレーションで示してくれました。自信をもって自分のビジネスに取り組むことが良い結果を招きます。2017年度のアニュアル・ミーティング。

非常に重要な質問があります。ここフロリダ州オーランドで学んだ素晴らしい知恵を、どう効果的にビジネスや私生活に活かしますか。私はBilly Riggsです。私はマジシャンですが、手品を披露するだけでなくトリックを暴くのも得意とします。人は自分の不利になるような心理的錯覚を抱いたり、誤った認識により自ら限界を作り、成功できないと思い込んでしまうことがあります。皆さんの頭の中にある錯覚を明らかにしてみましょう。

人生で最も陥りやすいトリックは、「私には成功を勝ち取るだけの力が無い」という思い込みです。自分を信じていれば必ず成功します。この間違った考え方を変えれば、必ず魔法が起きます。

皆さん、見えない力でテーブルが動いたのをご覧になりましたね。 [映像] 何も加工はしていません。皆さんの人生も同様、信念や思い込み、偏見などの見えない力に影響を受けています。その中で最も重要なのは、セルフイメージです。

私のペット、カメのTobyを紹介しましょう。2000年、妻はテキサス州オースティンの自宅近くの森で彼を見つました。[写真] 妻は当時1歳だった息子のCameronに見せようと、そのカメを家に持ち帰りました。これは息子が1歳の誕生日を迎えた時のものです。現在は18歳です。その日以来、Tobyはフェンスで囲まれた私達の庭の住人となり、TobyとCameronは共に成長しました。

これはちょうど1年後のTobyの姿です。[写真] 彼は一般的なカメのサイズになりました。娘のSarahがTobyを抱いています。彼の成長の様子から、Tobyは普通のハコガメで、それ以上は大きくならないものだと思っていました。しかしそれは大きな間違いでした。

3年経っても成長が止まる気配は無く、餌の与え過ぎかとも考えました。[写真] これが4年後、そしてこれが5年後です。Tobyは、アフリカケヅメリクガメだと判明しました。彼はペットとして飼われていて、まだ赤ちゃんの時に逃げ出したようです。Tobyの体重は、40kgを超えましたが、成長したリクガメのまだ半分にもなっていません。ガラパゴス諸島や他の離島にいるものは除き、この種のカメは世界最大だそうです。

これは、5年前のハロウィーンです。 [写真] Tobyはレディ・ガガの仮装をして家々をまわりました。良く似ているでしょう?100年経つと、Tobyはここまで大きくなるそうです。彼は、希少で素晴らしい生物ですが、皆さんと同様セルフイメージに問題があります。巨大なカメであるにも関わらず、自分は小さいカメだと思い込んでいるのです。

私達の家には、家の裏から私道へつながる場所に鍛鉄製のゲートがあります。その鉄棒の隙間は約6.4センチメートルです。Tobyはよくその間を抜けようとしました。頭は通るものの、甲羅部分が引っ掛かりそこでストップしてしまいます。彼はなぜそれ以上進めないのか全く理解できず、いつまでもそこでジタバタしています。

Tobyは、15cm程の隙間があるとそこを通り抜けようとします。夕食時窓から裏庭を見ると、屋外用の家具が庭を横切って移動しているのをよく目にしました。もちろん彼の仕業です。

これが最後の写真です。[写真] かくれんぼしているつもりのTobyです。彼を飼って15年以上になりますが、自分に甲羅があることを全く知らないと思います。Tobyは巨大なカメですが、自分は小さいと思い込んでいます。それ故小さなカメとしての限られた人生を送っています。彼は毎年グングン大きく、重く、強くなり続けています。

少し前まで、自宅にかなり劣化した古い木製のフェンスがありました。指で突けば簡単に壊れてしまう部分もありました。もしそれをTobyが知っていたら、紙の様にそれを突き破っていたはずです。それを阻んだのは、フェンスではなく自己評価の低さでした。彼は目の前の障害物を巨大でどうにもできないと思い込み、自分を閉じ込めていました。

もしTobyが自らの素晴らしい能力に気付いたら、彼を飼いきれず動物園に預けなければならないでしょう。もしあなたが、自分の素晴らしい能力を認識したらもう恐れるものはありません。自己不信があると何をしても長続きしません。このMDRTでの素晴らしい学びも、宝の持ち腐れになってしまいます。自信の無いままその学びを実践しても上手く行かず、数日間試して駄目だと決めつけ、それまでの古いやり方に戻ってしまうのがオチです。

刑務所で刑に服しているとしましょう。あなたの仕事は、大型ハンマーで巨石を砕くことです。一度打ち下ろしても何も起らず、50回でも全く変化がありません。75回打っても目に見える変化は無く、90回ともなると石が自分を嘲笑っているかの様に感じます。99回でもう諦めようと思います。しかし100回目で、ついに巨石は粉々に割れます。何回目の打撃が石を砕く決定打となったしょう?それは100回全てです。最初の過程を飛ばして、いきなり100回目の状態から始めることは出来ません。

そしてもしあなたが5回目、75回目、95回目で諦めてしまったら、決して結果を見ることは出来ません。セールスは、結果を手にするまでは、労力を注ぎ込んでもその成果がほとんど見えません。それでも努力を続ける事で、着実に相手の抵抗を取り除いていきます。

セールスにはシステムがあります。それは電話でのアポイント、オフィスでの面談、Eメールリストを購入、メールの一斉送信、セミナーの実施、紹介、フェイスブックの更新、ブログや記事の執筆、年次報告の実施、ネットワーキングです。この流れで仕事を進めるだけです。巨石の例えの様に、努力を続けることで必ず結果は出ます。もし途中で諦めてしまったら、後から来た誰かが100回目の決定打を決め、それまでのあなたの努力と報酬を全て持ち去ってしまうでしょう。

決して諦めない粘り強さと言えば、映画「ロッキー」の主人公、ロッキー・バルボアが思い浮かびます。最初の映画から40年経っても更に続編が製作されるほど人気です。「ロッキー」の魅力は、彼の心にあると思います。彼は、体も小さく平凡、頭もそれほど良いとは言えないボクサーで、リングに上がる度に血まみれになるまで打ちのめされます。しかし彼は絶対諦めません。ロッキーシリーズの中でも「ロッキー2」に私の一番好きなシーンがあります。それは世界ヘビー級チャンピオンのアポロ・クリードと脚光を浴び始めたロッキーの再試合です。

アポロは豪華なオフィスでスタッフとロッキーと再試合をすべきかどうか話し合っています。マネージャーは断固として反対しました。「Tony、何を恐れているんだ」とアポロは聞き、正直な意見を求めました。マネージャーは目に恐怖の色を浮かべ彼の机まで歩み寄ると言いました。「ロッキーは、やめた方がいい。前回の試合でお前は何度となく奴を打ちのめした。それでも立ち上がり向かって来た。そんな危険な男とは関わらない方がいい。お前の気持ちは分かるが、放っておけ」彼は前屈みになって、もう一度念を押しました。「放っておくんだ」

しかしプライドを傷つけられたアポロは、その忠告を聞き入れませんでした。前回の試合でスプリット・デシジョン(ボクシングで、接戦になり、審判の採点が割れること)になったのは、ただのまぐれだったと世間に証明するために再試合を決めました。その類まれなる才能でアポロは最初の8ラウンドを制し、本当に世界最高のボクサーであることを証明しました。彼は、ロッキーを無慈悲にもボコボコに殴り倒し、何度も何度もマットに沈めました。

しかし第8ラウンドの終わり、アポロの顔に狼狽の色が浮かびます。「どうしてこの男はまだ立っているんだ」その後、ロッキーが反撃し、第9ラウンドは辛うじてポイント勝ちしました。するとアポロの顔に勝利への疑いと恐怖が見え始めました。怒り狂ったアポロは攻撃に出て、第10ラウンドから第14ラウンドを勝利しました。

しかしラウンドの終了毎に、彼の中の恐怖と疑念は大きくなっていきます。そして第15ラウンド開始のベルが鳴る直前、ついにアポロは自分の負けを認めました。ロッキーを打ち負かすことは出来ないと分かったのです。テクニック、体格、生まれた境遇、才能、練習量など自分の方が上手で、全てのラウンドで彼を叩きのめしても、ロッキーは必ず立ち上がってくるのです。

大きな成功を手に入れるため、そして人生で夢を実現するためには何度打ちのめされても立ち上がらなければなりません。自信を持って仕事に戻ってください。何千回でも立ち上がり、攻撃し続けてください。そして決して努力を止めないでください。

Billy Riggs, CSP, はアメリカのトップ・エンターテイニング・スピーカーに選ばれた。2002年度には最優秀講師賞を受賞。テレビ、ラジオ、本、ビデオ、そして講演など多角的な活動をしている。コメディと音楽とマジックとトレーニングとモチベーションを融合したプレゼンテーションがユニークと好評。イリュージョンとコメディを活用して世界各国の聴衆をひきつけ、啓蒙している。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments