Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

GoodからGreat、そして喜び

Sol Hicks

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

Hicksは一番大事なことにフォーカスするテクニックを紹介し、夢を持つことと、ハッピーでい続けることが大事だと述べました。2017年度のアニュアル・ミーティング。

今会場を見渡していると大勢の顔見知り、また大勢の初対面の方々がいらっしゃいます。でもそれは重要なことではありません。私達は皆家族ですから。

私達は良い仕事をすることで結ばれています。人に仕える能力、より良い人生を送り、心安らかに眠りにつき、希望を持って将来を考える事を助けることが私達を一つにしています。それを毎日のように実践しています。そしてここにお集まりの方は、その仕事で成功しています。

今日、私がステージに立っている理由は別にあります。今回、お招きいただいたのは、誰かの肩をたたいて「よくやった!」と言って回るためではありません。皆さんが忘れてしまったかもしれないことを思い出してもらうのが私の役割です。

仕事が出来る人はクロージングや競争意識、年度末に一番の成績を獲得する以外の事は、すべて簡単に忘れてしまいます。しかし数字がすべてではありません。私達の成功は数字だけでは測れませんし、収入や称賛だけで生活しているわけでもありません。私達は棚に並べたどんなトロフィーよりも、壁に掛けたどんな盾より、強く長く存続します。

そうあるべきです。そうでないと、このアニュアル・ミーティングが終了して自宅に戻った後、唯一の仲間である鏡の中の自分と向き合わなければならないと、どうなりますか。だれも「よくやった!」「いいぞ!」と褒めてくれない時に、どうします

私はこの仕事に47年間携わっていて、かなり上手だと思っています。しかし頂点と頂点の間には非常に深い谷がありました。自己満足よりもっと深いところに拠り所がなかったら、ずっと前に辞めていたかもしれません。例えば車や電話を持っていないからと就職した最初の週に解雇を言い渡された時に。「おまえはクビだ」と言われたら、退職する十分な理由になると思いませんか?でも雇用主の言う事を聞いていたら、ルーキー・オブ・ザ・イヤーには選ばれなかったでしょう。

20年前に営業成績不振で上司に望み薄と言われた時にも、身を引くことは出来ました。それは私が12個のうちの最初のナンバー・ワン・トロフィーを授与される前の年の事でした。

10年前、既に60代だったので普通のことですが、勇退を勧められました。私はまる2日間大人しくしていましたが、納得できませんでした。

私が辞めなかったのはこれが天職だと思うからです。その信念が私をこの場に立たせ、それが今も続いています。皆さんも何故ここにいるのか考えてみてください。居心地の良いベッドから抜け出し、思うように成約できなくても微笑みを浮かべ、頑張っているのは何故ですか?

勝つと言う事がどのような気分か忘れかけた時、どんな事を思い起こしますか?皆さんの喜びの源は?

妻のキャロル(私の1番の親友で私が知る中で1番美しい人)が、キャリアの早い時期にしてくれたある事のおかげで、私は人生の大部分を広い視点から見ることが出来ました。ある日仕事から帰宅すると、ベッドルームの壁に世界地図が飾ってありました。「これが私達の夢よ」と妻は宣言しました。私達は仕事の幅を広げてくださるよう神様に祈った事がありました。彼女はその事を思い起こさせるために地図を飾りました。既に訪問した場所には赤いピンで、今後訪問したい場所には青いピンで印を付けました。毎朝起床して最初に、そして毎晩就寝する前に、その地図を眺めました。

時が経つのは早いもので、妻が最初の地図をプレゼントしてくれた時にはまだ生まれていなかった孫が、数年前のクリスマスに新しい地図をプレゼントしてくれました。以前同様行った場所には赤いピンを、行きたい場所には青いピンを使いました。赤いピンが不足し、青いピンは不要になりました。

私の素晴らしい妻キャロルは、重要なことに的を絞る方法を教えてくれました。仕事(それを上手にこなす事も含めて)はゴールではありません。それは目標に到達する方法に過ぎません。私は自分の将来に胸を膨らませ、また他の人の将来を考える手助けをする事に喜びを感じながら、仕事をしてきました。

「全ての偉大な夢は、夢を持つ人から始まるのです。しっかりと覚えておきなさい。あなたの内なるものは、世界を変えるだけの強靭さと忍耐力、そして情熱を持っている。」という名言があります。

一つの完璧な宣言の中に、私達が何者で、何をするべきか、何故するのかが謳われていると思いませんか。私達は夢を織る職人のようなもので、不確かな今日から(時には昨日の過ちから)素晴らしい明日を織り上げます。

私達はおひとり、ひと家族ごとに世界を変えていきますが、今日はその話をする為に来たわけではありません。妻がしてくれたのと同じ事を皆さんにして差し上げたいと思います。

他の人の将来設計に取り組んでいる間、ご自身の燃えるような情熱をお忘れではありませんか?

すべての偉大な夢は夢を持つ人から始まります。あなたはまだ夢を見ていますか?つかみ取りたいものが今でもありますか?それとも既に持っているものを守ろうとしているだけですか?

苦しい思いをしている時、あるいは上手くいっている時でも、『それなりに』で十分と諦めるのは楽です。でもそれは私達のあるべき姿に反しています。人間は希望を抱き、目的と意志を持つものとして創造されています。胸に情熱を抱いてこの世に生を受けました。自分の選択次第で、そのあるべき姿に近づいたり遠ざかったりしています。

ウィリアム・ダラントは「人は繰り返し行うことの集大成である」と言いました。ソロモン王は「彼はその心に思うごとく、その人となりもまた然ればなり」と言いました。つまり人は信じた通りになるということです。

あなたは明日を信じていますか?夢をつかもうと努力していますか?

50年近くビジネスに携わっていて最もよく聞かれるのは「どうしたらそのように幸福でいられるのですか?」という質問です。私の人生にはいつも『壁に掛けられた地図』があったようで、それを楽しみにし、手を伸ばしつかもうと努力し、その後を追いました。

私にはいつも夢がありました。夢は消えることはなく、苦難の時でも笑顔を保つ力になりました。情熱はいつも痛みに勝っていました。

出勤するのにバス停まで6.4km歩き、帰宅するのに6.4km歩きましたが、それが出来たのは陽気な妻と2人の健康な娘達を養うという夢があったからです。

今でも妻を喜ばせる新しい方法を見つけ出すのを楽しんでいます。しかし『小さな娘達』には既に自分達の子供がいて、その子供達も運転免許を持っているので、私は新しい夢を描くようになりました。彼らには目的と意志を持って生活し、情熱と計画の両方を大事にしてほしいと願っています。

私の夢にはMDRTを構成しているメンティー(アスピラント)も含まれていて、世界中にいる彼らと知識を共有したいと思っています。彼らに変化をもたらし、辿りやすいよう道を照らすことを目指しています。

現在、クロージングをしている方ならもっと出来る事があります。1人の人間としてではなく見込客としてしか見ていないなら、もっと知るべき事があります。稼ぐことばかり考えてお客様の生活を変えていることに気付かない、或いは無関心なら、あなたが変わらなければなりません。

単なる習慣で仕事に行くのではなく、他の人から必要とされているから出勤してください。それは自分自身のため、自分の人生を意義あるものにするためでもあります。その気持ちがないなら、お客様に何も勧められないでしょう。この事を決して忘れず、職場で仲間とも共有してください。

先頃Fast Company誌主催のイベントで200人以上のトップ・ビジネス・リーダー及び文化人が選ばれ、ニューヨークのInnovation Festivalで講演しました。

テクノロジーや宇宙旅行、刑事司法改革、瞑想など様々な話がありました。全てに共通していたのは仕事の目的を見つけ出す事でした。

科学者によると、人はやりがいのある仕事にのめり込み、自分の働きが他の人の役に立つ事を知るとそれを成功させるためにはどんな努力も惜しみません。

最近の研究では、仕事に意義を見出す人は潜在能力を最大限に発揮する傾向があることがわかりました。そういう方は人生に満足し、人間関係も良好です。

子供が大学に行きたいと言われ、学費があることに安堵のため息を付いている親御さんを見る時、私は娘達の姿を思い出します。また、牧師が心安らかに礼拝の場を守れるように、高齢の取締役が勇退できるようにと、保険を使ってお役に立てたことを幸せに感じます。

子供が全財産を失う心配をせずに病気の年老いた親の世話が出来るのを見ると、人の将来設計を助ける事は他人に対する最も思いやりのある行為だと再認識させられます。

会場を見渡してください。来年は追い抜きたいと思うようなライバルもいるでしょう。それで結構です。でも私達には稼ぐこと以上のものがあります。両サイドにいる人に向かって「夢を見ましょう!壮大な夢を!」と言ってください。ライバルである以上にあなたの兄弟姉妹のキーパーになってください。共に、また互いのために夢を追ってください。上達が見られるなら、それは周りの世界が良くなっているからです。

パール・バックは「仕事に喜びを見出すのは、若さの泉を発見するのと同じ事である」と言いました。私はあと数か月で74歳になりますがその通りだと思います。

何かに秀でているなら、それは長く続けられるでしょう。でも夢のひとつやふたつ、自分よりも大きなものに対する情熱があるなら永遠に続けられるのではないでしょうか。可能性は無限大です。

私はチャレンジします。あなたはどうですか?大志を抱いたなら立ち上がってください。

Sol Hicks, は3回のCOTと18回のTOTを含め、30年間会員。MDRT基金のエクスカリバーの騎士であり、国際的な講演活動、キャリア・コーチ、そしてコンサルタントとしても活躍している。Prudential Financial社でのキャリアは35年以上であり、同社の最も栄誉あるPresident's Trophyを7回受賞した数少ないエイジェント。No. 1を10回以上達成。GAMA InternationalのAgent of the Yearを4回受賞。世界中で150人以上のメンターとして指導。著書は2冊。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments