Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

進化し続ける

Juan Enriquez

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

Enriquezはゲノム研究のリーダーとして世界的に認められています。画期的な発想は驚くようなドミノ倒し現象を招き、大きな変化をもたらしています。Uberやクローン技術を例に世界の動きを解説し、どう受け止めるべきかを紹介しました。2017年度のアニュアル・ミーティング。

これから抜き打ちテストをします。20秒以内に、数十年前には存在していなかった米国の大手企業の名前を出来るだけ沢山挙げてください。次に、20秒以内に、ヨーロッパの大手企業について同じように名前を挙げてください。

ヨーロッパと米国のシステム上の違いについて少しお話します。もし皆さんがヨーロッパの企業の財務部長やCFOなどの役職についておられるなら、その企業はある程度の老舗だと考えられます。ヨーロッパには立派なブランドがあります。ルイヴィトンやシャネル、フェラーリなど、大企業が数多くあります。しかし米国のシステムは異なっていて、会社や産業は倒産を幾度となく繰り返します。

そういうわけで、米国では5代目、10代目、15代目がビジネスを引き継ぐ事は非常に稀です。この事はハイテク株の不安定さを見ると分かります。2000年に米国のハイテク株の中で最も株価の高い銘柄を買ったとします。それから13年間社員皆が懸命に働き続け、13年後、これ程一生懸命働き残業もしたのに、業績は先程取り上げた3つの企業に及びません。そしてS & P500社の上位を占めていた他のハイテク株も価格が下落しているか、完全に姿を消しています。

これには違和感もありますが、米国は約0.2%なので非常に効果的です。GP (General Partner 無限責任組合員)はベンチャーキャピタルを通して投資を行ってきました。その金額は米国の経済生産の約21%を占めます。そして先程考えて頂いた名の知れた会社は巨大多国籍企業へと成長しましたが、最初は比較的小さな初期投資から始まりました。

企業の間でよく見られる誤りは四半期決算にばかり注目し、競合相手を意識し、同業者の様子を窺う事です。そして押し寄せるテクノロジーの波を無視しますが、既存のシステムを度々追い越してきたのはこのテクノロジーの波です。だから例えフォーチュン500社の常連企業であっても、13年間で大打撃を受けることもあれば、倒産する事さえあります。

Uber (米国の自動車配車ウエブサイトおよび配車アプリ) の例を取り上げます。多くの人はUberが携帯電話のアプリを提供し、送迎サービスを行っていると理解しています。同社にはタクシー会社や自治体との摩擦があり、また社内でも揉め事が起きています。しかしUberの実態はそうではありません。

第1に同社の最新の評価額(これが持続可能な額なのかは分かりませんが)は約680億ドルでした。ウルグアイの全国民、すべての医者、弁護士、官僚、ビジネスマン、セールスマン、料理人は朝起きて、毎日10時間から12時間働くと仮定します。残業をすることもあるし、週末に働く事もあるでしょう。それでもウルグアイの全員の富はUberが築いた価値を超える事が出来ません。

第2に、車の走行距離が年に1万6千キロ以下なら、Uberを利用した方が安く上がります。自動車はある意味巨大なペーパーウエイト(文鎮)です。自家用車がほとんどの時間、学校やショッピングモール、映画館、自宅またはオフィスの外に停まっている光景を思い浮かべてください。車の所有には非常にコストが掛かります。殆どの人にとってそれは家計の支出の第2位を占めます。保険料、修理費、駐車場代、その他お金の掛る事が山ほどあります。走行距離が年間1万6千キロ以下なら、市街地から余程離れた所に住んでいない限りUberを利用する方が安いことに気づくでしょう。

現在Uber利用者の約22%は自家用車を持ちません。これは製造業の巨大なシステムを崩壊させ、重大な結果を招く可能性があります。しかし崩壊するのは製造業や車の購入台数や駐車場だけではありません。Googleの自動運転車のようにドライバーを必要としない車の技術開発が進んでいます。Uberの最大の変動費用はドライバーの人件費です。つまり自立走行車が出来れば、Uberを半分の費用で利用出来、さらにお釣りが来ます。

その結果、大勢の労働者が解雇されるだけでなく、自動車を購入する人の数が大きく変動します。何故なら現状では余程不便な所に住んでいるか、沢山運転するのでなければ、これ程お金をかけて車を所有するのは無意味だからです。

グローバル・サプライチェーンが変化し始めます。自動車を組み立てる地域や自動車の販売台数が変化していきます。中古車販売店も変わります。鉄鋼業界も変化します。携帯電話の小さな黒いアイコンのせいで、大きな混乱が生じます。このシステムを考慮すると乗用車販売台数は90%減少します。車は飛行機と同じ頻度で走るようになるからです。飛行機は、一日平均22時間もじっとしている車とは真逆に、絶えず飛行しています。

Uberや自立走行車の二次効果として、道路に二重駐車する非常識な人達がいなくなる事が考えられます。二重駐車は道路の4分の1、3分の1、時には半分もふさぎます。単にクリーニングを引き取るため、ピザを取りに行くためにです。自立走行車なら二重駐車はしません。また歩道の真横にも停めないでしょう。つまり自立走行車は絶えず循環しているので、二重駐車が無くなるだけでなく、駐車場そのものが無くなってきます。

都市環境の再設計が始まります。ショッピングモールが突然変化し始めます。沢山あった駐車場は新たな店や緑地、娯楽施設に取って代わります。ビルの建て方や構造が変化し、建物の中の駐車スペースが不要になるのでビルの建設コストも減少します。

インフラ整備のコストも大幅に下がります。高速道路の車線数も減らせます。セメント消費量、鉄鋼消費量も減少します。皆さんの多くにとっては頭の痛い話ですが、弁護士の需要も減ってきます。事故に遭った時に助けになってくれる弁護士について語り合う掲示板も無くなり、また保険業界の再編が進むでしょう。保険会社の多くは交通事故に関する保険を取り扱います。交通事故は16歳から65歳の死因の上位を占めますが、それが大きく下がります。現在自立走行車を生産している企業は、利用者に無料で保険を提供する事を視野に入れているので、今の自動車基準の下でも自動車保険は不要になります。

注目して頂きたい2つ目のディスラプティブ・テクノロジー(破壊的技術)は3Dプリンターの能力です。熱心な愛好者でない限り、皆さんのほとんどはまだご自宅に3Dプリンターを持っていらっしゃらないでしょう。しかし3Dプリンターの能力は、家の電話の横に3Dプリント機能を持つファックスがあるようなものです。チェスの駒やチェスセットを新しいデザインにしたいなら、ダウンロードして3Dでプリントします。メガネのネジを紛失してしまったら、それも3Dプリント出来ます。再びサプライチェーンが変化します。モノをどこで作るか、どのように作るかが変わっていきます。そして変化は急速に起きています。

テスラの最初のモデルで起きた事をお話しします。ある早期購入者が2年間待ってテスラを手に入れました。スターバックスでコーヒーを買って車に戻ったところ、コーヒーカップを立てる場所がないことに気付きました。車内を見回した結果、センターコンソールにもドアにもドリンクホルダーがありません。彼はとても奇妙だと思いました。

伝統的な自動車メーカーなら、購入者はセールスマンや販売代理店に「ドリンクホルダーは何処にあるのか」と聞きます。代理店は「どういう事でしょうか」と聞き返します。そこで彼らは一緒に車内を調べ、カタログのオプションを見ます。そして工場に電話をかけて「ドリンクホルダーは付けているのか」と聞きます。工場側は「いえ、付けていませんが、付けるのは良い考えですね。検討しましょう」と言います。そして研究開発部門にドリンクホルダーを付けなかった理由を問い合わせます。研究開発部門は調査します。ドリンクホルダーを付ける事が効果的かを調べる為の予算を要求します。そしてドリンクホルダーをデザインします。デトロイトの国際モーターショーに出展し、来場者にドリンクホルダーが気に入ったか聞きます。来場者は気に入ります。そこで予算が下りた後に工場の設備を一新します。3年後にドリンクホルダー付のモデルがリリースされます。

前述のテスラのオーナーがとった行動は、全く異なりました。まず家に帰りました。コンピューターを使ってドリンクホルダーのみならず、携帯電話や鉛筆、テープ類などあらゆる持ち物を収納するホルダーをデザインしました。後は3Dプリントして車に取り付けるだけでした。

しかし話はこれで終わりではありません。面白いのはここからです。次にこの行程をSNSに投稿しました。するとその日の午後には「ドリンクホルダーが必要だ」と同じ様に感じていたテスラのオーナー達が自宅でドリンクホルダーをプリントする、またはデザインし直す計画を立てることが可能になりました。もちろんドリンクホルダーだけでなく、車のミラーも作り替える事が出来ます。ホイールリムやバンパーの作り替えも可能です。消費者が製品自体を作り替える時代になっています。そしてただ1つの集中研究開発部門に代わり、消費者がプリントして他の人とシェアし始めています。

このシステムについて考えてみると、様々な影響が出てきます。脅威を感じる企業は「うちの商品に手をつけるな。しかも保証が無効になる」と言い出します。こうした企業はあまり賢いと言えません。

賢い企業は消費者と絶えず対話します。消費者からのフィードバック、消費者のデザイン修正を受け入れ、こうしたサイクルを反復しながら短期間で製品の開発を進めます。こういう事は非常に速いスピードで起きています。【視覚資料】このオートバイは実際に動きますが、オートデスク社が約4時間でプリントしました。繰り返しますが、モノをどのように作るか、どこで作るかは根源から変わります。

2つのシンプルな考えをお伝えします。

この傾向は何故生まれたのか、どのような経過をたどってきたのかについてです。一つ目の考えは富がどのように生まれるかです。結局のところ富は記号によって生まれる事が分かります。皆さんにしっかりと伝えておきたい二つ目の考えは、この記号が生命の記号に変化している事です。

過去1万年の経済の概要を手短におさらいします。富が記号から派生するとはどういう事でしょうか?まず人間が洞窟に絵を描き始めるようになった時、様々な概念も伝達出来るようになりました。赤ん坊がどのように生まれるのか、我々がどれくらいいるのか、どのような服装をしているのか、これが我々の楽器だ、これが食料の魚だ、といった概念です。2000年前のアルゼンチンで起きていた事が沢山分かります。記号や情報を何千年にも渡って伝達する動物は地球上に他にいません。そして記号を伝える手段が高度化するにつれ、パピルス、粘土板そして紙が使われるようになりました。実際に洞窟に入っていく必要はなくなり、遠い所にも伝わるようになりました。そして記号を標準化することにより、全ての人に読めるものとなりました。例えば「Red Sox Rule」(大リーグを題材にした本の題名)と言ってみたら、意味が通じます。【視覚資料】

過去数百年間、人間はこの記号を簡略化して様々な文字体系を作りあげました。英語では26文字、スペイン語では29文字、そして中国語の漢字は何千とあります。基本的にどの文字であっても様々な情報は分厚い本にして広める事が出来ます。セールスの仕方、会計の仕方、表計算ソフトの使い方、そして過去数千年、数百年、数十年に渡って蓄積されたノウハウ、つい先週学んだノウハウもです。

この40年間で人間はまた記号を変えました。そして人類の歴史上、単独で最も富を生み出したのがこの記号の変化でした。つまりアルファベットだけを使用するのを止め、0と1を使用するようになりました。例えば私がプログラミング言語を使ってよくある文句をEメールで送ると、相手はそのプログラム通りに「あなたを愛しています」というメッセージを受け取ります。

プログラミング言語の次の行を送ると、「あなたが嫌いです」というデジタルメッセージを受け取ります。使うプログラミング言語によってとてつもなく大きな違いが生じます。この記号がとても重要なのは、26種類の文字を廃止して、2桁の数字に置き換えたからです。そして同じ事をスペイン語、キリル文字、アラム語でも行いました。つまり世界中の全ての言語、全ての文字は今日2桁のデジタル信号で通信出来るようになりました。写真、音楽、フィルム全てです。実際、今日の世界の情報の99%は、40年前には話す人がほとんどいなかった言語で伝播しています。

この事をダスティン・ホフマンの視点から見てみます。「卒業」という古い映画を覚えているでしょう。2つの象徴的な場面があります。誘惑するシーンはスルーします。2つ目の場面では、私のような老人が大学を卒業したばかりの若者をプールサイドに連れて来てひとこと言います。「プラスチックは有望だ。」残念なことに、これは完全な誤りでした。本当はシリコンと言うべきでした。シリコンの基礎特許は人類史上最大の富を生み出したからです。シリコンバレーとコンピューターのデジタル革命は、映画が公開された1967年には既に活動を開始していました。フェアチャイルドは半導体を売っていました。映画公開の1年後には世界で最も大きくて力のある企業の1つインテルが創業しました。

つまりあの卒業生が正しい言葉を聞いていたなら、この文字と共にステージに上がっていたかもしれません。【視覚映像】しかし間違った言葉を聞いたために、この哀れな男は結局タッパーウェアのセールスマンになりました。とても残念な事です。

吟味していくと、人間は再び記号を変化させています。これは本当に壮大な考えなのでしっかりとお伝えしたいと思います。私達はデジタル記号から生命の記号へと移行しています。生命の記号についてご説明します。1953年にワトソンとクリックは地球上の全ての生物、全ての植物や動物そして人間(政治家含む)はDNAで作られている事を発見しました。DNAは基本的にはアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)の4つの文字で表される塩基の連結です。ある生物の遺伝子を取り出してDNAの自動解析装置で分析すると、その遺伝子に関する膨大な量の情報が得られます。実際には700京もの文字が解析されています。この文字により、私の右手にあるオレンジは記号で理解されるようになりました。オレンジを地面にドサッと落とした時、実際にオレンジは記号の命令を遂行し始めています。「C-A-A-T-A-C-C」は小さな根を出す事を、「G-C-C-A-A-C」は小さな茎を伸ばす事を、「G-A-C-C」は葉を出す事を意味します。同様に「A-G-C」は花を咲かせる事を、「G-C-A」は実を付ける事を意味します。

さて、先程の0と1の話を思い出してください。01111は「あなたを愛しています」、0111は「あなたが嫌いです」を意味していました。生命の記号でも同じことが起きます。文字配列を少し変えて、「G-C-A」の代わりに「G-A-A」と言えばこのオレンジがレモンに変わるかもしれません。そして「T-G-A-A」と言えばミカンかグレープフルーツになる可能性があります。

もし私があなたの1000分の1文字を変えたら、あなたは今隣に座っている人に変身しているかもしれません。お隣の人をご覧になってください。1000分の1を変えたら、その方になっていますよ。

アルゼンチンで起きた事です。アルゼンチンにいる2人の科学者の友人がとても人懐こい牛を繫殖させました。この牛は近づいてきて撫でてもらおうとして、こちらが待っていると、別の2頭の牛が現れます。【視覚資料】その2頭を見て独り言をつぶやきます。「この2頭は本当によく似ている。もっと正確に言えばここにいる牛にそっくりだ」ここにいる牛を観察しているうちに、牛の全身には遺伝情報が組み込まれ、牛の全ての細胞には牛の全ゲノムが含まれている事に納得します。同様に全ての人間の細胞には人間の全ゲノムが含まれています。

そこで行われたのは、牛の右の耳から遺伝情報を取り出し、受精させた牛に挿入して2頭のクローンを生み出します。クローニングはこのように行われます。ここに獣医師がいます。【視覚資料】左手を牛の背中の方に上げ、右手に超音波を持っています。私が立ち合った朝、彼は数十のクローン胚を挿入したので、今ご覧になっているアルゼンチンの映像には本当によく似た牛が何頭もいます。

つまり遺伝情報は読むだけでなく、コピーする事が出来、このように6か月後に誕生します。【視覚資料】これはただのコピーではなくて編集コピーです。この動物は母乳内でがんの治療に使われる薬エリスロポエチン(EPO)を生産します。この動物をクローニングすれば、がんの治療に使われる薬を製造する工場となり、20頭もいればこのような工場の代替になります。【視覚資料】重ねて申し上げますが、どのように作るか、どこで作るかは抜本的に変化するでしょう。

つまり生命は記号です。生命は読み、コピーし、編集する事が出来ます。2017年の今年を表す言葉は何がふさわしいでしょうか?生命の記号を推す声があります。進化論を覆すこの技術には並外れたパワーがあります。ダーウィンが今日いたら同じ本を記していたでしょうかと自問自答してください。何故なら彼とウォレスは地球上の全ての生物は自然淘汰とランダムな突然変異に従って進化すると主張したからです。もはやその主張は当てはまりません。森の中では確かに自然淘汰の事例が見られます。オオカミは確かに選ばれました。パグやチワワは選ばれません。ペットは不自然な淘汰の例です。甲高い声で吠えるこの犬は五番街を歩くあなたのバッグに納まり、爆買いをするあなたと一緒に歩くでしょうが、自然に生まれた生き物ではありません。品種改良の結果生まれた生き物です。自然淘汰の事例を見たい人は、小さい犬をアフリカのサバンナの真ん中に置き去りにすれば、すぐに見る事ができます。品種改良が行われているのは犬や牛、七面鳥、鶏、豚だけではありません。

品種改良は植物に対しても行われてきました。小さなカラシナを取ってきてその花を圧迫すると、ブロッコリーが出来ます。通常より大きな葉が採れたら、それはケールです。カラシナの花を無菌化するとカリフラワーが出来ます。以上は全て品種改良により人間の技術が生み出しました。人間は何を生かし、何を死なすか選んできました。望み通りの外見、作用の仕方になるよう選別しました。トウモロコシ畑は地球上で最も不自然な場所です。自然界では1種類の植物が整然と並んでいて、他には何も生えていないという場所は存在しません。森にもサバンナにもそんな場所はありません。トウモロコシは人間が手を加えないと繁殖しません。

二つ目はランダムではない突然変異を起こしてきたことです。無作為でなく慎重に狙ったターゲットに対して遺伝子を挿入してきました。最も売れ行きの良い医薬品10種のうち8種は化学品からではなく細胞から作られています。関節リウマチに使われるヒュミラ等と同じ製法です。

これは設立して数年の企業で起きた事です。彼らは人間のゲノム配列を解読し、ノーベル賞を受賞し、アメリカのiPS研究の第一人者です。私もその一員です。この企業で私達は細胞のプログラム化を目指しました。約4年の年月と4千万ドルの費用をかけた後、このような写真を撮れるようになりました。【視覚資料】この写真は貴重で、細胞から遺伝情報を取り出し、新しい遺伝情報を挿入し、別の生きた器官や別の生物種を作り出せることを示しています。多くの人にとって素晴らしい成果で、その年の科学の発見に選ばれ、4,800もの新聞や雑誌の表紙を飾りました。

この技術のおかげで私達はある緑色のスープを作る事が出来ました。このスープの面白いところは、ソフトウェアで自らのハードウェアを作り出せる事です。分かり易くご説明します。携帯電話にどんなに画期的なプログラムを入れても、翌朝1000台に増える事はありません。でも緑色のスープにプログラムを入れると、スープは何杯にもなり、研究所の温室にある管に注いで放置し、何日かするとスープは何百杯にも増えています。郊外に小さな土地を買って大量の緑色のスープを工業規模で生産できます。

その緑色のスープの中で一体何を作っているか知りたいですか。あなたが作って欲しい物なら何でも、です。作っているのはプログラム可能な生物です。私達は人が望むものをほぼ何でも作れるプログラム可能な生物を作る為、沢山のパートナーを募集しています。

例えばエクソンモービル社は藻類から燃料を作る事を目指して私達と提携しました。オリンピックで藻類燃料車の宣伝があちこちで見られたのはこういうわけです。これは弊社(Synthetic Genomics)が行いました。生物を読むだけでなくプログラムする装置が出来つつあります。様々な企業の為に様々なモノを生産出来るという事です。豚の器官を巧みに処理して、人間に移植出来るようにします。1年分のインフルエンザのワクチンを1週間で作れるようにします。新しいタイプのワクチンを開発します。燃料も化学品も作ります。植物の成長速度を速めます。動物と人間の食料とするため、多種多様な油や蛋白質を作り出します。

私達は以前にも増して進化をコントロールしています。そしてこれが本当のスーパーパワーです。高いビルをいとも簡単に飛び越えるパワーではありません。離れた所から火をつけるパワーでもありません。生命を新しくデザインし、地球上に何を生かすか、生かさないかを決めるパワーです。このスーパーパワーをどの様に使うか、真剣に考える時です。新しくデザインする力を獲得した今、孫たちにどんな百年後を見せたいですか?千年後、一万年後は?

人類が史上初めて経験する壮大な冒険です。ビジネスはひとつ残らず変化します。生活も変化します。地球上の多くの生命を変えます。最重要な事として、この事を認識するだけでなくこの論争に参加するべきです。怖がる必要はありません。並外れた冒険です。この惑星から出る事が出来るかもしれません。寿命が2倍になるかもしれません。間違いなく今までにない巨大な企業を創る事は出来ます。

同時に倫理やリスクも考慮しなければなりません。その為には生命の記号について研鑽を積むことです。そしてこの論争に参加してください。

Juan Enriquez, は未来に生き、最先端の発見を生業とする希少な存在。生命科学分野の初期段階の取り組みをしている企業に積極的に投資をし、支援を続けている。遺伝子ゲノムを含む生命科学の進歩が人類の生き方にどのような変化をもたらすか、ビジネス、テクノロジー、政治、社会への影響などを専門としている。講師としての評価も高く、TEDを含め、多様な団体で、ダイナミックかつ楽しい講演をしている。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments