Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

健康でウェル・ビーイングの企業文化

Mark S. Gaunya, GBA

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

代理店の企業文化はブランド力を強めることができるでしょうか。マサチューセッツ州のMark S. Gaunyaはホール・パーソン・コンセプトを積極的に取り入れることで、社員全員が身体的にも、経済的にも充実し、働きやすい職場となり、地域社会で認められ、推奨されるようになった実例を紹介しました。2017年度のアニュアル・ミーティング。

今日の世界は、これまでにない速いスピードで動いています。あらゆる方面から情報が押し寄せ、圧倒されることもしばしばです。我々は日々多くの予定をこなし、多忙であることを好みますが、息切れしてしまうこともあります。プレッシャーはストレスになり、忍耐強くあろうとしても不安に苛まれます。本人が自覚する前にクライアントがこの状態を察知すると、あなたのイメージに傷がついてしまいます。

急速に変化し、競争の激しい今日の市場において、企業文化は要です。健康とウェル・ビーイング(身体的、精神的、社会的に良好な状態)への包括的なアプローチがその鍵となります。

人は、ウェルネス(健康推進)を健康的習慣や身体的活動を取り入れたり、栄養に気遣うことだと考えます。これは実践し易く、職場へのウォーキング・プログラムの導入がこの良い例です。

一方、ウェル・ビーイングは、組織改革を伴います。それはホール・パーソンの概念を包括し、最も大切な財産であるあなたのスタッフとその家族の健康を継続して改善するというコミットメントを示します。

望ましい結果を出すためには、ウェル・ビーイングの概念を企業方針の中心とすべきです。組織のトップを始め、あらゆる立場にいるスタッフがこれを認識しなければなりません。そのためには、社内での積極的な働きかけがとても重要になります。

ウェル・ビーイングは、ウェルネスよりも長期継続を見越しています。従業員の問題を包括的に扱い、5つの重要な要素を通じて全体像に注目します。このユニークな取り組みを導入する企業は少ないため、優位な立場に立つことが出来ます。

ウェル・ビーイングの5つの重要な要素とは、身体、財政、職場、地域社会、そして心と精神です。

身体: 日々仕事に従事できる健康とエネルギーがあること。

財政: 財務管理をし、短期、中期、及び長期の目標を達成できること。

職場: 更に仕事に従事し、人として専門家として進歩できること。

地域社会: 仕事をする地域に恩返しをし、感謝の気持ちで生活すること。

心と精神: 集中しバランスがとれていて、思慮深いこと。目標とビジョンを明確にすること。

こうした文化の影響力は、知識や態度が向上したか、行動や健康面における問題が改善したかで評価します。あなたがご自身の職場に医療保険を提案するなら、給付率を参照すると、この計画が従業員の健康に寄与しているかを検討します。加入率や成果、またはこの両方を推測することができます。保険への投資収益率は、多くの要素を考慮しなければなりませんが、結果は完全にコントロールできます。

上記の5つの要素を適用するのに有効な6段階のプロセスを皆さんに紹介します。

第一に、とにかく積極的に人と関わることです。まず会社オーナーやトップにサポートを求めます。リーダーから一般のスタッフまで、あらゆるレベルの人から成る委員会を作ります。これにより社内の状況を把握し、必要なサポートを得ることが出来ます。

第二に、現在の企業文化を評価します。スタッフが日中運動する機会はありますか。自動販売機には、ヘルシーな食べ物や飲み物を置いていますか。質の良いヘルシーな食べ物や飲み物を、スタッフと一緒に楽しく食べる機会はありますか。

第三に、方針や目標を含めた長期にわたる計画を立てます。これは変化のための基盤や指針を作るのに役立ちます。

第四に、健康とウェル・ビーイングの理想について共通理解を持ち、意識を変えていくよう働きかけます。そして創造的、革新的な方法でとにかくコミュニケーションをとるよう努めます。

第五に、長期にわたり、個人として続けられるライフスタイルの変化に重点を置きます。

第六に、これまでの過程をチェックし、上手くいっていること、そうでないことを評価し、変えたいことがあれば検討します。

世界は、更に複雑化しこれまでに無いスピードで動いています。スタッフのストレスは、ビジネスにおける大きな課題です。クライアントは必ずそのストレスを察知するので、ビジネスの悪影響となります。企業文化により、あなたの大切なスタッフを惹きつけ繋ぎ留めておくことができます。組織が生き残り、繁栄する鍵となる健康とウェル・ビーイングの文化を築き、ビジネスを成長させるためスタッフに投資してください。夢を大きく持ち、これを楽しく実践していってください。

Mark S. Gaunya, GBA, は1回のCOTと10回のTOTを含め、11年間会員。Borislow Insuranceの共同経営者。ボストン地区を中心に従業員保障を専門とするコンサルティング会社として350社、2000名以上の個人クライアントがいる。同社はBoston Business Journal誌にマサチューセッツ州で最も健康的な職場を提供している企業の一つに選ばれた。

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments