Select Language

Check Application Status
en

Resource Zone

仕事に対する情熱の源泉は「他喜力」 ~誰かのためだからこそ頑張れる~

Minoru Kanai

Rate 1 Rate 2 Rate 3 Rate 4 Rate 5 0 Ratings Choose a rating
Please Login or Become A Member for additional features

Other formats

Video 0:05:04

Note: Any content shared is only viewable to MDRT members.

医療機器メーカーに勤めていた金井稔会員は、24歳の時にとある外資系生保の営業マンとめぐり合い、申込書にサインをしました。当時は自分がその営業マンのスカウトによって生保営業の世界に入るとは思ってもいなかったといいます。2回のCOTと2回のTOTを含め、11年間MDRT会員。北海道ブロックに所属し、地元札幌を拠点にしながら、全国に顧客を持つ金井会員のスケジュールは過酷です。効率のためにはエリアを絞った方が良いことは分かっていますが、ご縁の糸でつながったお客様を疎かにはできないと、全国を回っています。そんな金井会員を突き動かすのは、他人を喜ばすために湧き出る力「他喜力」。「自分のためだけではできないことも、大切な誰かのためなら頑張れるものです」と真摯に語ります。

 

お客様の契約にケチはつけない

33歳でこの世界に入った頃から、初対面のお客様には「ご自分の現在の契約内容を確認しましょう」と語り掛けているという金井会員。「健康診断を受けた結果、問題が無ければ嬉しいものだし、もし悪いところがあれば早めに対処する機会になる。保険も同じことだと思う」と語ります。確認の結果、もしお客様が思っていたものと違った場合にも、決して急ぐことはありません。どんな内容であっても、お客様がその時ベストだと考えて入った契約。それにケチを付けることは、「あなたのネクタイ変ですね、というのと同じくらい失礼なこと」と迷いなく語ります。また、保障内容を確認し、どうするかもお客様次第。「もし軌道修正したいと思うのであればお手伝いさせていただきます」とあくまでお客様の判断を優先します。「そもそも“何とかしてやろう”という気持ちが無いんです。それに、自分がされたら嫌なことはしません」と語る表情はどこまでもさわやかです。

 

「どうでもいい人はやめてください」

金井会員の顧客は全て既契約者からの紹介でつながっています。法人は約160社、個人は約500世帯ほど。最近では中小企業の経営者が増えていますが、独身の会社員から経営者や野球選手まで、紹介を頂いた人には、遠方でも会いに行くといいます。「効率を考えたら札幌に絞った方が良いとは思う。でも。たった1度の人生、ご縁のつながった人には喜んでもらえるよう力を尽くしたい」と語ります。そのため、お客様には「紹介は、あくまであなたにとって大切な人に限ってください。あなたにとってどうでもいい人は、私にとってもどうでもいい人なのでやめてくださいね」と念を入れます。歯に衣着せぬ物言いですが、その誠意はお客様にもしっかり伝わっているようで、「金井さんは聞けばなんでも素直に答えてくれるし、押し売りは絶対しない人だから」と紹介してもらうことが多いといいます。

 

期日を決める

面談の結果、「ちょっと考えさせてください」というお客様は少なくありません。その際、金井会員が必ず伝えていることがあります。それは、人の8割は日常を無意識に生きているということ。例えば、歯磨きや顔を洗う時、人の意識は働いていません。ある物事に意識を向けるためには期日が必要だというのです。そこで、保険についていつまでに答えを出すか、つまり、次の面会予定日を決めてもらうのです。これは何もお客様に限りません。「期日を決めることはどんな仕事でも大事なこと。これは自分との約束を守るということでもあるのです」と語ります。もう一つ、決断の際にお願いしているのは「無理なく支払える範囲の保険料を考えてほしい」ということ。自身の子育てを通じて出費のかさむ時期を経験したことから、今後のことを考えた上で決めてほしいと伝えています。

 

事業承継のアプローチは「セカンドオピニオン」

近年、事業承継についても手掛けることが増えてきたという金井会員。医療の世界では「セカンドオピニオン」という言葉が定着しつつありますが、会社経営にも「セカンドオピニオン」が必要だと指摘します。その際に重要なのがパートナーとなる税理士の力量です。多くの場合、企業は銀行から紹介されたコンサル会社等に任せているケースがありますが、金井会員は資産税専門の税理士と組んで、セカンドオピニオンとして事業承継対策を検証しています。税理士を見極めるポイントは実績。「こういう対策が取れますよ」と言われたら「それをこれまでに何件やっていますか?」と訊いてみれば、おのずと力量が測れるといいます。専門職のパートナーとは、役割分担・役割責任。紹介はもちろん無料。「彼らは成功報酬制なので、お客様のためにベストを尽くしてくれる」と厚い信頼を置いています。

 

まとめ

「私の仕事の本質は、その人の人生で大切なことに気付くきっかけと考えるきっかけを提供することだ」という金井会員。話を聞けば聞くほど、金井会員が重視するのは「保険」ではなく「お客様」であることが分かります。全ての選択は「お客様が主体」。その一方で、必要だと思えば、意見することも恐れません。「お客様を喜ばせたい」という情熱と、「嫌われてもかまわない」という覚悟。金井会員の熱い思いは、今日も、北の大地から全国へと発信されています。

 

 

{{GetTotalComments()}} Comments

Please Login or Become A Member to add comments